冬にぴったり!群馬人気スイーツ手土産5選

2017年11月14日 13:20更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

上信越道、関越道のSAPAで購入できるオススメのおみやげをご紹介。濃厚なチョコケーキにふわふわバウムなど、冬のティータイムにぴったりのスイーツをセレクト!

上信越道・横川SA(上り)「オペラ」(1620円、縦約9cm、横約14cm、高さ約4cm)

全ての画像を見る(8件)

ブランドチョコ「カレボー(R)」使用の贅沢なチョコケーキ。ビターテイストのチョコと8層のビスキュイが大人の味わい。

関越道・赤城高原SA(上り)「はちみつミニバウム」(12個入り702円)

地元・小野養蜂場のハチミツを使用。口いっぱいにハチミツの風味が広がる。ハチの巣をイメージした箱も好評。

関越道・赤城高原SA(下り)「ベリーチーズミルフィーユ」(10個入り1512円)

イチゴが香る甘酸っぱいクリームのミルフィーユを、コクのあるチーズチョコで包んだ。5個入り(756円)もある。

関越道・赤城高原SA(下り)「恋する果実プレミアムバウムクーヘン」(1296円、1ホール・直径約14cm)

群馬県産イチゴ「やよいひめ」の100%果汁を贅沢に使い、しっとりフワフワに仕上げた。同SAオリジナル商品。

関越道・赤城高原SA(下り)「ブー次郎のかりんとうまんじゅうパン」(1個150円)

群馬名物かりんとうまんじゅうをブラン生地で包んだ。外はモチッ、中はサクッとした食感。2017年9月発売の新商品。【ハイウェイウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事