続々登場!ベトナムサンド「バインミー」専門店

2017年11月14日 19:13更新

東京ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「バインミー」とは、ベトナム風サンドイッチのこと。このベトナム版ファストフード、バインミーの専門店が、ここ数年都内で増殖中だ。今回はそんなバインミー専門店から注目の3軒を紹介しよう。

「バインミーシンチャオ」の「ミチャバインミー」(530円)。チャーシュー、ベトナムの豚ハム、レバーペーストなどにたっぷりのパクチーを挟んだ

全ての画像を見る(3件)

バインミーの具材に何を挟むかは自由だが、主に肉系の具材と一緒に大根とニンジンのなます、パクチーをはさむのが一般的。あっさり食べられるうえ、野菜もたっぷりでヘルシーなのが嬉しい。

ちなみに、水分が多い具材が多いので、買ったらすぐに食べるのがオススメ!各店舗で味の個性もあるので、お気に入りの一店を見つけてみよう。

「バインミーシンチャオ」(高田馬場)

2016年10月にオープンした同店。ベトナム人留学生兄弟が起業した。店には故郷の味を求め、ひっきりなしに近隣在住のベトナム人が訪れる。

「エビスバインミーベーカリー」(恵比寿)

今年8月、えびすストア内にオープン。ベトナム北部ヴィンフック省の老舗ベーカリーで学んできたという本場の味が食べられる。

「バインミーバインミー」(渋谷)

2016年7月に東急フードショーにオープンしたテイクアウト専門店。外はさっくり、中はふわふわの本場に近いバゲットの再現を目指した。

【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る