カニ&ぶりしゃぶ、紅葉にパワースポットも!全部いけちゃう天橋立よくばり旅

2017年11月15日 14:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本三景の一つとして有名な京都の天橋立。まるで天の橋のような絶海が広がる天橋立で、冬に旬を迎えるのがカニとブリ。なかでも寒ブリと呼ばれる日本海の冬のブリは、一年で最もおいしい。その寒ブリをしゃぶしゃぶのようにして食べるのがぶりしゃぶで、天橋立が発祥の地とも言われる。パワスポ&紅葉も魅力の天橋立で、冬の2大グルメを食べよう!<※情報は関西ウォーカー(2017年10月24日発売号)より>

脂たっぷりの寒ブリをしゃぶしゃぶでペロリ!

「海楽味」は、天橋立にあるみやげ物店「松和物産」2階の食事処。11月上旬から2月下旬まで伊根湾で水揚げされた寒ブリを使ったぶりしゃぶが味わえる。日本海のブリは脂がのった冬場が一年でもっともおいしい。口の中でとろけそうなおいしさは感動もの。

「寒ブリ しゃぶしゃぶコース1人前」(3455円 ※写真は2人前)。生でも食べられる寒ブリに地元野菜などが付く。大根おろしが入ったダシに身を1、2回くぐらせて食べよう。

智恩寺近くにある店。1階では天橋立のみやげや地魚の干物などを販売する。

■海楽味<住所:京都府宮津市文珠640-59 電話:0772-22-2451(松和物産) 時間:10:00~17:00(LO)、土日祝10:00~18:30(LO) 休み:不定休 席数:50席 タバコ:禁煙 駐車場:3台(無料) 交通:JR京都丹後鉄道天橋立駅より徒歩すぐ>

“コッペ”の旨味たっぷり!丹後エリアのご当地丼

「お食事処 梅渓」は、天橋立の廻旋橋の近くにある食事処。ここのオススメはコッペ丼。コッペとはセコガニと呼ばれる松葉ガニの雌のことで、松葉ガニ漁の期間中のみ食べられる丹後地方のご当地丼。味わい深い内子にシャキシャキの外子などクセになるおいしさ。

「コッペ(セコガニ)丼」(1800円)。ご飯の上にセコガニのほぐした身と内子、外子をたっぷりのせた丼。1日20食程度なのでなくなり次第終了。

テーブル席と小上がりのある店内。天橋立に近く土日祝の昼は観光客でにぎわう。

■お食事処 梅渓<住所:京都府宮津市文珠644 電話:0772-22-5145 時間:9:00~16:00 休み:水曜(祝日の場合翌日) 席数:52席 タバコ:禁煙 駐車場:2台(無料) 交通:JR京都丹後鉄道天橋立駅より徒歩3分>

日本三景の紅葉とパワースポットも!

カニ&寒ブリの2大グルメを満喫したあとは、天橋立をぶらり散策。紅葉が見ごろの「成相寺」やパワースポットとして人気の「元伊勢 籠神社」へ!

全ての画像を見る(14件)

その昔、天の伊射奈岐大神(いざなぎのおおかみ)が地上にかけたはしごが倒れてできたと伝承される天橋立。写真は天橋立ビューランドからの景色。

文珠側から一の宮側までは天橋立を歩いて渡ることができる。片道50分ほどなのでハイキングを満喫するのもオススメ。

天橋立に沿って天橋立観光船も運航している。

■天橋立観光船の時刻表をCHECK

<電話:0772-22-2164 時間:天橋立桟橋発9:00~16:00の1日15便、土日祝は天橋立桟橋発9:00~16:20の1日22便 休み:なし 料金:天橋立桟橋~一の宮桟橋片道(530円)、往復(960円)>

■天橋立ケーブルカー・リフトの時刻表をCHECK

<電話:0772-27-0032(丹後海陸交通成相営業所) ケーブルカーの時間:8:00~17:00の15分間隔で運行、12~2月は8:00~16:30の15分間隔で運行 休み:なし 料金:往復(660円) リフトの時間:9:00~16:00 休み:12月1日(金)~2018年2月28日(水) 料金:往復(660円)>

紅葉&天橋立が美しい西国巡礼第28番の札所

「成相寺」は、鼓ヶ岳の中腹に広がる西国巡礼第28番の札所。天橋立を見下ろす境内は春は桜、石楠花、秋は紅葉の名所として人気。

境内を彩る紅葉越しに望む天橋立の景色は、秋ならではの絶景。

■紅葉DATA/見ごろ:11月上旬~中旬 本数:不明 種類:カエデなど

■成相寺<住所:京都府宮津市成相寺339 電話:0772-27-0018 時間:8:00~16:30 休み:なし 料金:入山料大人(500円) 駐車場:50台(無料) 交通:傘松公園より登山バスで約10分>

丹後随一のパワースポットでご利益に授かろう

「元伊勢 籠神社」は、伊勢神宮の豊受大神・天照大神がこの地から移されたことから元伊勢と呼ばれる、丹後一の格式を誇る古社。伊勢神宮と同様の唯一神明造で、本殿の高欄上に祀られる五色の座玉は伊勢神宮とここだけの貴重なもの。

神代より続く古社。奥宮の真名井神社(2018年秋まで本殿改修中)にはご神水「天の真名井の水」がある。

本殿を参拝して真名井神社へ。

■元伊勢 籠神社<住所:京都府宮津市大垣430 電話:0772-27-0006 時間:7:00~17:00 休み:なし 料金:拝観無料 駐車場:150台(700円/1日) 交通:JR京都丹後鉄道天橋立駅より徒歩60分、または天橋立観光船一の宮桟橋より徒歩3分>

カニ&ぶりしゃぶ冬の2大グルメ!人気カニ宿もチェック

「茶六別館」は、天橋立を望む静かな地に立つ数寄屋造の純日本の宿。丹後の食材を使った京風懐石が自慢で、冬はカニ料理&寒ブリ料理が人気。天橋立の冬を代表する2大グルメを食べられるプランもあり。

カニと寒ブリを一緒に味わえる人気プラン。

「難波」(写真)などの標準客室から特別室の蓬莱まで全11室。

■かに×寒ぶり~冬旬“海の恵み”よくばりプラン~<料金:1泊2食付き1人3万240円~ ※2人1室利用の場合 期間:11月7日(火)~2018年3月31日(土) ズワイガニ&寒ブリの造りに、炭火焼きガニ、カニ天ぷら、ぶりしゃぶなど全11品が味わえるカニ&寒ブリのプラン。カニ&寒ブリの日帰りプランもあり。

■茶六別館<住所:京都府宮津市島崎2039-4 電話:0772-22-2177 時間:チェックイン14:30~、チェックアウト~10:30 休み:火曜(祝日の場合営業) 駐車場:11台(無料) 交通:JR京都丹後鉄道宮津駅より徒歩10分 ※無料送迎バスあり(要予約)>

大阪から天橋立へのアクセス

【車】大阪から天橋立へのアクセスは、阪神高速湊町入口から宮津天橋立ICまで約115分・約134km。高速料金は5110円(ETC割引4070円)。宮津天橋立ICより府道9号線を北へ、浜町交差点を左折し国道176号線を北西へ、「天橋立」方面への案内板に従って北西へ。約5km・約10分。

【電車】JR大阪駅より京都丹後鉄道天橋立駅までのアクセスは、特急こうのとり城崎温泉行約100分、JR福知山駅で特急はしだて天橋立行に乗り換え約40分。料金は片道(4760円・特急料金込み)。【関西ウォーカー編集部】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事