【京都観光】日本一パンを食べる京都に新店続々!パン&コーヒー最新店5選

2017年11月27日 18:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

地元の人気パンが集結したマーケットやバリエ多彩なトーストなど、パン好き必見の店に加え、こだわりのコーヒーが自慢のカフェも京都に続々登場。ランチに、ティータイムに至福の味を楽しんで。<※情報は関西ウォーカー(2017年11月7日発売号)より>

京都の名店の味と人気パンの贅沢なコラボメニューが実現

「雨の日も風の日も」や「ぱんだよりノドカ」など、京都で厚い支持を得るベーカリー10店舗のパン50種以上を一堂に販売する「京都プルミエベーカリーマーケット」。さらに、地元の人気レストランとのコラボパンも月替りで登場。ここでしか味わえないオリジナルメニューは要注目だ。

全ての画像を見る(16件)

11月のコラボパン、「祇園にしかわ」の「海老芋と牛しぐれ煮の秋の吹寄せサンド」(1200円・手前)、リストランテ「祇園245」の「生ハムと30種の菜園サラダサンド」(1100円・奥)。

「クワトロフォルマッジトーストセット」(1300円)。黒ミツをかけるのがおすすめ。

各店の個性あふれるパンがズラリと並ぶ。各店の定休日は入荷がないので注意。

フードメニューやパンは、ビル7・8階の「FOOD HALL」共通のイートインコーナーで楽しめる。

「パンは毎日オープン時と14:00ごろに入荷します。朝と昼の便で届くパンの種類が違うので、1日に2度楽しめますよ」と、スタッフの杉原栞菜さん。

■京都プルミエベーカリーマーケット<住所:京都市下京区四条通河原町東入真町68 住友不動産京都ビル7F 電話:075-251-0233 時間:11:00~20:00 休み:なし 座席:共用60席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅と直結>

食事に、おやつに自在にアレンジ!創意が光る多彩なトーストが評判

体に優しい素材を吟味した、バラエティ豊かなトーストと手作りスイーツが人気のカフェ「dolce panda お菓子とお茶のお店」。食事系5種、おやつ系3種のトーストは、ハーフ&ハーフで組み合わせを考えるのも楽しい。無農薬紅茶のほか、ビールやワインとのセットも好評。

ハーフ&ハーフもOKの「トーストセット」(1080円)。ドリンク、ミニスープ、ミニおやつ付き。写真は「蓮根のジェノベーゼ」と「苦甘マーマレードのカマンベールチーズ」。

トーストは全8種(単品は各540円)。写真は「サンマと九条ねぎのチーズトースト」。スダチでマリネしたサンマの蒲焼きはあと味さっぱり。

「木の実のチーズタルト」(写真)など4種から選べる「ドルチェセット」(1080円)。ハーフ&ハーフもOK。

シックな雰囲気の店内はカウンターのみ。花の写真をプリントした天井にも注目して。

「トーストは旬の素材に合わせアレンジを考案しています。その日限りのメニューが登場することもあるのでお楽しみに!」と、店主の榊本未来さん。

■dolce panda お菓子とお茶のお店<住所:京都市北区紫野石龍町29-5 電話:075-468-9590 時間:12:00~18:00(LO) 休み:水曜、土曜、不定休 座席:6席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:地下鉄北大路駅より市バス北1系統約5分、下鳥田町から徒歩1分>

深煎りコーヒーの香味と共にくつろぎの時間を楽しんで

レトロなタイルや天窓など銭湯の内装を残した空間が魅力の「Hashigo Cafe Kyoto」。京都ではここだけで味わえる和歌山の人気店「もくれん」の自家焙煎コーヒーをはじめ、ボリュームたっぷりのランチや自家製スイーツなど充実のメニューと共に心なごむひと時を。

週替りの「大人様ランチ」(980円)。写真の大きなロールキャベツは都用・日曜に登場。

「フレンチトーストセット」(800円)。写真の洋風とあんなどをのせた和風の2種。

コーヒーは深煎りのもくれんブレンドを使用。どっしりしたコクとスモーキーな苦味、甘い余韻が印象的。

レトロな椅子やテーブルが似合う元浴場のフロアは、天窓からの柔らかな光が心地よい。

「元銭湯ならではの広々とした空間を生かして、今後はワークショップやイベントも開催していきたいですね!」と、オーナーの杉本孝子さん。

■Hashigo Cafe Kyoto<住所:京都市右京区太秦青木ヶ原町3-4 電話:075-862-0845 時間:11:00~19:00、金曜・土曜11:00~22:00 休み:水曜・木曜 座席:40席 タバコ:禁煙 駐車場:3台(無料) 交通:JR太秦駅、嵐電常盤駅より徒歩5分>

観光スポットの散策のおともにこだわりのコーヒーでホッとひと息

京阪神と東京で5店舗を展開する人気コーヒースタンド「W/O STAND」の最新店がオープン。自家製レモンスカッシュにコーヒーの香りを合わせたエスプレッソロマーノをはじめ、多彩なコーヒーが情緒あふれる和テイストの空間で楽しめる。

「宇治抹茶ラテ」(550円・右)、「エスプレッソ ロマーノ」(550円・手前)、「キャラメルマキアート」(600円・左)。

「定番のほかに月替りのドリンクも登場。清水寺や高台寺も近いので観光途中に気軽にお立ち寄りください」と、スタッフの中川里帆子さん。

■W/O STAND 二寧坂<住所:京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町349-21 電話:なし 時間:11:00~19:00 休み:不定休 座席:6席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:京阪祇園四条駅より市バス207系統約5分、東山安井から徒歩3分>

どこか懐かしい手作り空間で至福のサイフォンコーヒーを

建仁寺や安井金比羅宮など、人気観光スポットに近い静かな路地に隠れ家的なコーヒー店「菊しんコーヒー」がオープン。サイフォン式で一杯ずつ丁寧にいれる香り高いコーヒーは、オリジナルのカレーやトーストなどの軽食やスイーツと共に楽しみたい。

「コーヒーレギュラー」(500円・手前)、「チーズケーキ」(500円・中)、「自家製シロップのレモンスカッシュ」(550円・奥)。

自家焙煎のコーヒーは中国・雲南省の無農薬栽培豆が中心。サイフォンでの抽出を眺めるのも楽しい。

のんびりくつろげるレトロな空間。

「サイフォンコーヒーは濃厚な風味と切れのよいあと味が特徴。モーニングセット500円(~11時)も人気です」と、店長の東 翔太さん。

■菊しんコーヒー<住所:京都市東山区下弁天町61-11 電話:075-525-5322 時間:8:00~18:00 休み:日曜 座席:8席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし 交通:京阪祇園四条駅より市バス207系統約5分、東山安井から徒歩2分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全16枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事