【大須食べ歩き】日本初!アランチー二専門店が大須商店街に登場!!

2017年11月29日 13:27更新

東海ウォーカー 淺野倫孝

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2017年11月14日(火)、名古屋の大須商店街に、日本初のアランチーニ専門店となる「arancini NAGOYA」がオープンした。“アランチーニ”とは、イタリア・シチリア島のライスコロッケで、現地のカフェやバルには必ず置いてあると言っても過言ではない郷土料理だ。そんな食べ歩きグルメにピッタリなこのアランチーニを実食してレポート!

2017年11月にオープンしたばかりの新・食べ歩きスポット

全ての画像を見る(12件)

この店は、招き猫が目印の「大須商店街 ふれあい広場」の近くに位置し、仁王門通から万松寺通り抜ける道沿いにある。主に食べ歩きなどテイクアウトで利用するのがオススメだが、2階や軒下にはイートインスペースが設けられ、座って食事を楽しめるようになっている。この店ではイタリアン系、ジャパニーズ系、デザート系など、現在11種類のアランチーニを販売。そのなかから、各種類1つずつのアランチーニを食べてみた。

【写真を見る】スタッフにお願いすれば揚げたてのアランチーニを用意してくれるそう。待ち時間は約10分

最初に実食したのは、人気No.1商品だという「カルネ(イタリアンオリジナル)」(420円)。本場シチリアの定番の味で、肉ミンチとトマトソース、ベシャメルソースが入る。外側をカリッと揚げられ、中身はリゾットといった感じだ。最初に食べるアランチーニとしてオススメだ。

「カルネ(イタリアンオリジナル)」(420円)

「カルネ」は本場シチリア島で定番の味

次に、ジャパニーズ系から「金鯱えびふりゃー」(460円)をチョイス。店のオーナーが、天むすより発想を得たというアランチーニで、衣の外にエビの尾が飛び出ている見た目が特徴だ。このメニューは、主役のプリップリのエビはもちろん、ライスの部分がポイント。和風だしで炊き上げた風味豊かなコメに、エビの旨味や香りがプラスされている。ジャパニーズ系アランチーニはほかにも、「愛知県産うなぎの蒲焼き」(600円)や、「松阪牛のすき焼き仕立て」(480円)といった東海エリアの食材を使った和の風味が楽しめるメニューがそろう。

「金鯱えびふりゃー」(460円)

具がずっしりと入っているのがうれしい

そして、最後に紹介するのがデザート系の「ショコラドルチェ」(320円)だ。このアランチーニにはミルクで炊いたライスと、イタリアメーカーのチョコレートペースト「ヌテラ」をふんだんに使う。ライスパフ入りのチョコが好きな人なら、抵抗なくおいしく味わえるといった感じ。ただしスイーツとして食べるには、食べ応えがあり少しヘビーな量かも!?なので、はじめて食べる際は友人とシェアして試してみるのもいいだろう。

「ショコラドルチェ」(320円)

デザートアランチーニ。ライスとチョコの組み合わせを味わってみよう

イタリアでお馴染みのドリンクも一緒に楽しもう

この店にはメインとなるアランチーニだけでなく、イタリア産のドリンクも多く並ぶ。添加物を使わないコーラ「バラデン コーラ」(480円)や「リモナータ」(480円)など普段なかなか飲む機会が少ないドリンクばかりなので一緒に味わってみよう。【東海ウォーカー】

店は地下鉄名城線 上前津駅の9番出口より徒歩で約3分のところにある

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る