ZOZOTOWNの“箱”、頭にかぶれるスター・ウォーズのキャラに!早速かぶってみた

2017年12月1日 12:30更新

東京ウォーカー(全国版) 国分 洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」は、12月1日(金)から商品をスター・ウォーズのキャラクターがデザインされたデリバリーボックスで限定50万人に配送することを発表した。

全ての画像を見る(3件)

12月15日(金)から全国一斉公開される映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。デリバリーボックスに描かれるのは、劇中に登場するBB-8をはじめ、チューバッカ、ストームトルーパーの3種類。頭にかぶるとそのままキャラクターになりきることができる。デザインはランダムなのでどのキャラクターデザインが届くかはお楽しみだ。

一足先に入手した編集部は、着ている服の色が近いスタッフを選び早速デリバリーボックスを着用。その大きさとリアルに印刷されたデザインは、撮影の様子を見た編集部員が「すごい光景だ」とつぶやくほどにインパクト抜群。筆者も被ってみたが、段ボールを被って遊んでいた子供時代の気持ちが燃え上がる逸品だ。

また、このボックスを着用した写真をTwitterかInstagramに「#zozo箱キャンペーン」「#最後のジェダイ」の2つのハッシュタグをつけ投稿すると、キャストのサイン入りポスターやスター・ウォーズの非売品グッズが当たるプレゼントキャンペーンも同時に開催される。

ファンはもちろん、そうでない人も思わず欲しくなるような一大企画のスタートだ。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事