【レポート】あべのハルカス美術館「ジブリの立体建造物展」 横山だいすけさんが来場!

2017年12月6日 14:01更新

関西ウォーカー 新城重登

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

あべのハルカス美術館で12月1日、「ジブリの立体建造物展」の開会式が開かれ、オフィシャルサポーターを務める横山だいすけさんが来場しました。

横山だいすけさんが来場
(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

全ての画像を見る(5件)

スタジオジブリ(1985年設立)はこれまで多くのアニメーション作品を発表。作品中にはドラマが起こる舞台として、たくさんの「建造物」が登場します。同展では出発点となった「風の谷のナウシカ」から、「思い出のマーニー」まで、約20作品に登場する建造物の背景画、美術設定の資料など約450点を展示します。2014年に始まった巡回展で今回が最後の会場となります。

ハッター帽子店の模型(ハウルの動く城)(C)2004 Studio Ghibli・NDDMT

【展覧会名 ジブリの立体建造物展】

◆開催期間 2017 年12 月2日(土) ~2018 年2月5日(月)

※休館日 12月4日(月)、11 日(月)、1月1日(月・祝)

◆開館時間 10時~20時(入館は閉館の30分前まで)

◆会場 あべのハルカス美術館(あべのハルカス16階) 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

◆入場料 一般1,500円、大学生・高校生1,100円 中学・小学生500 円

※未就学児童は無料

◆お問合せ TEL 06 -4399 -9050(10時~18時 あべのハルカス美術館

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る