艶やかな着物姿の西山茉希「自分の中の女性らしい部分を見つけた」

2010年2月28日 12:39更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

3月2日(火)、京都産のきものを取り扱うアンテナショップ「白イ烏(からす)」が東京・青山にオープン。それに先立ち28日、同店でオープニングセレモニーが行われ、首相夫人の鳩山幸さんとモデルの西山茉希さんがスペシャルゲストとして登場した。

「白イ烏」は、“洋服感覚で楽しめるモダンなデザイン”と“手ごろな価格”をキーワードに、京都市から出店されたアンテナショップ。「普段着る機会のない人にも“きものファッション”を身近に感じてもらうこと」をテーマに、ファッション感度が高く、流行の発信地でもある青山で、“メイドイン京都”の和装製品を取り扱う。

同日行われたトークショーでは、着物姿の鳩山さんと西山さんが「京都」や「和」の魅力についてコメント。鳩山さんは「西陣も友禅も出荷量が落ち危機に陥っていると聞きますが、和装は人を素敵に見せるものなので、着物産業を応援していきたいです」と話し、西山さんは「着物は品格が問われると思うので“私なんかが着ていいの?”と思いましたが、体感してみないと分からない良さがある。自分にも女性らしい部分があったんだなー、と今日着てみて思いました(笑)」と、会場の笑いを誘っていた。

また、“着物を着る女性像”について問われた西山さんは、「強さを秘めた、凛とした女性のイメージがあってあこがれますね」と笑顔でコメント。続いて鳩山さんが、「“昔のお母さん”は、ざっくり着物を着て温かい家庭を作っていたので、そういう女性像が浮かびます。着物を着て、温かい家庭を皆さんにも作ってほしい」と熱弁すると、会場からは拍手が起こった。

ちなみに同ショップは、3月6日(土)開催される「第10回東京ガールズコレクション2010 S/S」への参加が決定。「京都市×TGCきものコレクション」ステージを行い、若い女性にその魅力を伝えていくという。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る