<神奈川カフェ巡り>映画に読書にボードゲームまで!趣味をもっと楽しめるカフェ3選

2018年3月8日 12:00更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神奈川にあるユニークなカフェを紹介! 今回は、おいしいドリンクやフードとともに、映画を見たり読書をしたりと、趣味を楽しめるカフェ3店を巡ろう。

映画が楽しめる「シネコヤ」

【写真を見る】カフェというよりもミニシアターといった表現がぴったりな風貌の「シネコヤ」

鵠沼海岸にある築38年の写真館を改装したレトロなたたずまいの貸本店「シネコヤ」は、貸本料を払えば一日出入りが自由で、映画も見ることができる。地元の人が集まる街の映画館のようだ。店の工房で焼く、人気の天然酵母パンを片手に映画や読書を満喫しよう。

壁沿いの本棚には、流れている映画のテーマにあった本が並べられている

全ての画像を見る(14件)

2階では本のテーマに沿った2作品の映画を流している。映画のテーマに合った本も置かれているため、気に入った映画についてより深く知ることができる。

「モカブレンド」(400円)と「三浦のゴロッとツナサンド」(810円)。本を読みながらでも楽しめるメニューがうれしい

メニューはフードが約12種類、スイーツが3種類、ドリンクが約7種類。中でもおすすめは、地元コーヒー店の自家焙煎豆を使った「モカブレンド」(400円)と、マグロ問屋の手作りツナをカンパーニュではさむ「三浦のゴロッとツナサンド」(810円)。

1階の貸本スペースにもソファやテーブルがあり、映画関連など約3,000冊の多彩な本がズラリ。貸出は店内のみ

「あんぱん」は324円。そのほか天然酵母パンのみの購入も可能で、イートインスペースもある

懐かしい雑誌がある「ラウンドカフェ」

店内にはズラリと本や雑誌が並ぶ

本や雑誌などを楽しめる本鵠沼の「ラウンドカフェ」。店に並ぶ100冊以上の本は店主の長網さんが集めたもので、小説から1980年頃の雑誌などがそろう。不定期でオールジャンルのライブなどの開催もあるので、音楽好きは要チェックだ。

「ラウンドパフェ」(400円)。フードやスイーツは計約40種類もあるので、何度来ても楽しめる

フードは約29種類、スイーツは約11種類、ドリンク約33種類にアルコールが2種類と、メニューは豊富。おすすめは自家製のコーヒーゼリーとバニラアイス、練乳を合わせた「ラウンドパフェ」(400円※夏季のみ)。さらに食事やスイーツを注文した人には、ドリンク1杯250円やおかわり500円などのサービスもある。

店主イチオシのコーヒー豆はリーズナブルに購入できる

約20種類のコーヒー豆はリーズナブルなのが魅力的。書籍のほか、中古レコードの販売もある。

目印は青色の看板。ゆったり読書とフードやドリンクを楽しみたい時に利用してみて

店主の長網さん。希少な藤沢の写真集などもそろえている

世界のボードゲームで遊べる「トリックダイス」

ボードゲームと食事を楽しめる「トリックダイス」。やり方はスタッフが教えてくれるため、初心者でも安心だ

世界各国から集めたボードゲームが100種以上そろい、食事しながらゲームができるのが特徴の藤沢の「トリックダイス」。1ドリンク付きで1,000円からと、手軽に遊べるのも魅力だ。

「トリックダイス」では、毎日のようにイベントを行っている

駅近で便利なロケーションで、清潔感のある店内にはカウンター席もあり、一人での利用もしやすい。ほぼ毎日イベントを行っているので、ほかの人と一緒にゲームで盛り上がることも。

「からあげセットプラン」(1,500円)は、からあげに食べ放題ライス、1ドリンク、ゲーム時間無制限サービスが付くお得なプラン

フードは約22種類、スイーツは約5種類、ドリンクは約7種類で、アルコールはなんと約50種類もある。おすすめは「からあげセット」(1,500円)。からあげ1種にライス食べ放題と1ドリンクが付き、さらにゲーム時間も無制限だ。

ドイツの年間ゲーム大賞を受賞した「キングドミノ」など、初心者でも楽しめるゲームがそろう

思い思いの時間が過ごせるユニークなカフェで、のんびり時間を過ごそう!

【横浜ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る