甲冑姿のはんにゃ金田「お笑いで天下取る」宣言!

2010年3月7日 18:25更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

お笑いコンビのはんにゃの2人が、東京タワーで3月7日に行われた「名古屋おもてなし武将隊 江戸出陣式」に出席。勇ましい甲冑姿で「お笑いで天下を取る!」と勢いよく語った。

当日は、みぞれまじりの雨が降る寒さ。東京タワーの外に作られた特設ステージに登場した2人は「寒い!」と叫び、震えながらも笑顔で名古屋市をPRした。身に着けた甲冑については「普通は15キロ・20キロの重さらしいんですけど、僕たちのは5キロくらい。それでも重い!」(川島さん)と話していた。

特に愛知県出身の金田さんは、「武将が好きで、甲冑を着るのが夢でした」と、イベント終了後の会見で、感無量の様子。しかし、想像とは若干違ったようで、「夢だったけど似合わなくて…鏡を見たら五月人形みたい」と悔しそうに話していた。

また、お笑い芸人が数多く出演する現状を戦国時代と例え、「今はお笑いも戦国時代。天下取ってやろう!」と、力強く叫んだ金田さん。が、発言した瞬間に弱気になり「…って、川島が言ってました」と、まさかの相方になすりつける場面に、川島さんが「やめてください! 僕何も言ってないです!」と訴えかけると、報道陣からは笑いが起こっていた。

お笑いにストイックな金田さんだけに、あいかわらず女性は苦手の様子。前日に行われた「東京ガールズコレクション」に司会で登場した感想を聞かれると、「女性陣ばっかりでいいニオイがした」と話したものの、「(登場した女性は)違う世界の人。裏でもちょっと居づらかった」とポロリ。ホワイトデーに関してリポーターに聞かれた際も「思っているような事はないです。マジで」とテレたように話していた。

この日は甲冑を着て、はんにゃの代名詞(?)ともいえる「ズクダンズンブングンゲーム」を報道陣の前で披露するひと幕も。いつものポーズで「セット」をしてみるものの、甲冑の重たさからか、動きのキレもいまひとつ。“ややウケ”の会場内を見て、金田さんは「ダメですね。0点です」と、苦笑いしていた。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全16枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る