まるで洋菓子!? 店主のセンスが光る、札幌・円山エリアの大福とは

2018年1月16日 20:00更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大福というと、黒豆やよもぎなどといったものが浮かびますよね。しかし、チョコやモンブランといった、大福のイメージからは少し離れた味が楽しめるお店もあるんです。今回は、じわじわ大福人気がきている札幌・円山エリアの注目店を紹介しますね。

定番から、珍しいものまで豊富な種類の大福が並ぶ

ショーケースの中には定番から変わり種まで豊富な種類の大福が並ぶ

全ての画像を見る(6件)

2011年にオープンした「餅菓子商 白谷」。入るとすぐ、大福がずらりと並んだショーケースが。大粒でしっかりとした味わいの十勝在来種「いわいくろ」を使った「十勝黒豆大福」など定番の大福もありますが、一風変わった大福も。「くりーむいちごもち」や「マシュマロベリー大福」など、まるでケーキのような名前の大福があるんです! 

右から「モンブランもち」と「マシュマロベリー大福」。各140円

さっそく珍しい大福を紹介していきましょう。まずは、「モンブランもち」。モンブランは名前のとおり、クリーム入りの大福の中にモンブランが乗ったケーキのような大福。また、「マシュマロベリー大福」は、餡の代わりにマシュマロが入っており、餅と食感の違いが楽しめる一品です。このほかにも「レアクリームチーズ大福」など、まるでケーキのようなネーミングのお餅が揃っています。

好みの大福と抹茶を味わえるセット。写真は黒豆大福とみたらし

10種類から選ぶことができる抹茶セットの器

テイクアウトだけではなく、店内では好みの大福と抹茶をゆっくりと味わっていくことも可能。「大福と抹茶のセット」(抹茶200円+大福代)の抹茶は、店員の方が注文を受けてから点ててくれます。さらに、抹茶の器は店内に並べられている10種類の器の中から自分の好きなものを選択可能。素敵な器が並んでいるので、器選びに悩む人も多いそう。

店主さんに大福へのこだわりを聞いてみました!

鮮やかな手つきで大福を作る店主の中谷尚泰さん

種類が豊富で繊細な大福を手がける店主の中谷尚泰さんは、元々は和食の料理人。しかし、お菓子好きだったこともあって大福屋として開業、「和菓子屋が数多くある円山エリアで勝負してこそ本物」という思いから円山に出店したそう。

そんな強い思いを持つ中谷さんが作る大福の生地は、しっかりとした歯応えがありつつ、食感は柔らか。大福には名寄産の「風の子もち」を使用しています。そのほか素材には、良質な道産ものを厳選。無添加のため、賞味期限は当日中なんだとか。

重厚感のある看板が、より一層期待感を高めてくれる

和食出身の調理人が手がける繊細ながらも斬新な大福の数々。季節によっては、期間限定の大福メニューも登場しますよ。大福のイメージが変わる、オリジナリティあふれる大福、味わってみては?

餅菓子商 白谷 ■住所:札幌市中央区南3西17西17 ホッカイビル1F ■電話:011・633・9550 ■時間:10:00〜17:00(無くなり次第終了) ■休み:月曜、第2火曜 ■駐車場:1台(無料) ■席数:6席(禁煙)

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事