平等院で来春、夜間特別拝観「瑞光照歓~春宵のあかり~」を実施!

2017年12月28日 13:52更新

関西ウォーカー 惣元美由紀

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

 2017年秋に実施され、大好評だった平等院(京都府宇治市)の夜間特別拝観が、桜の開花時期に合わせ2018年4月5日(木)~9日(月)の5日間限定で実施することが決まった。

「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産に登録されている平等院は、桜の名所としても有名。鳳凰堂の周囲に広がる阿字池の外周に並ぶシダレザクラは見事で、水面に映る淡いピンクの桜と、ライトアップされた鳳凰堂とのコントラストは、紅葉の艶やかさとは異なる、はんなりとした美しさ。桜の時期にしか見ることのできない、桜×鳳凰堂の姿が今から楽しみだ。

もちろん、今秋の夜間拝観時と同様、夜間特別拝観の期間だけいただける、御朱印(数量限定)も登場する。さっそく、2018年の真新しいスケジュール帳に書き込んでおこう。

阿字池に映り込む、シダレザクラと鳳凰堂。まるで、平安絵巻のような美しさ
(C)平等院

全ての画像を見る(2件)

鳳凰が夜空に浮かび上がる、幻想的な情景に思わずうっとりとする(C)平等院

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る