【手みやげ】“神戸らしい”おなじみの味ならここ!「そごう神戸店」のおすすめ手みやげ5選

2017年12月27日 15:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神戸の中心地・三宮で日常的に親しまれている百貨店「そごう神戸店」。駅近で地下街とも直結しているので、時間がない時や雨の日にも気軽に立ち寄れる。外国文化が取り入れられてきた港町らしいおしゃれさとこだわりの製法で作られた洋菓子が定番だが、牛肉など神戸ならではの贅沢な食材もいっぱい。ちょっと豪華な手みやげから親しみやすい味まで、神戸のものならおまかせの「そごう神戸店」から、神戸っ子御用達の手みやげをご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2017年12月15日発売号)より>

「PATISSERIE TOOTH TOOTH」神戸らしいボックスにおしゃれなサブレを詰めて

「トゥース・コウベ・サブレ6」(1620円)/PATISSERIE TOOTH TOOTH

全ての画像を見る(5件)

「トゥース・コウベ・サブレ6」(1620円)。ひと口サイズのサブレ。優しい甘さの「サブレココ」、しっかりとしたチョコレートの「サブレショコラ」、ナッツ&チョコチップが香る「サブレノアゼット」の3種×2袋入り。<販売:通年 賞味期限:製造日より23日 持ち歩き:常温 取寄:不可 地方発送:可>

「神戸凮月堂」お茶との相性抜群

【写真を見る】「プティーゴーフル サレ」(各540円)/神戸凮月堂

「プティーゴーフル サレ」(各540円)。香ばしい薄焼き生地で、クリームにはフランス原産ゲランドの塩を使用。キャラメル、アーモンド、ジンジャーの3種で、日本茶や紅茶に相性抜群。<販売:通年 賞味期限:製造日より180日 持ち歩き:常温 取寄:不可 地方発送:可>

「新宿高野」果実店ならではのチョコレート

「フルーツチョコレート 徳用袋温州みかん入り」(350g・1080円)/新宿高野

「フルーツチョコレート 徳用袋温州みかん入り」(350g・1080円)。ストロベリー、バナナなど7種の味が楽しめる、果物店ならではのチョコレート。包装紙だけでなく、中身の丸いチョコレートは色までキュート。<販売:数量限定<販売:(なくなり次第終了) 賞味期限:製造日より150日 持ち歩き:常温 取寄:不可 地方発送:可>

「ピロシキ屋 そごう神戸店」具材を詰めて揚げる看板商品

「ロシアピロシキ」(162円)/ピロシキ屋 そごう神戸店

「ロシアピロシキ」(162円)。牛乳だけで練った生地に黒毛和牛、野菜、チーズなどを詰めて揚げた看板商品。国産野菜の使用や毎日替える新しい揚げ油など、随所にこだわりが。<販売:通年 消費期限:当日 持ち歩き:常温 取寄:不可 地方発送:不可>

「神戸菊水」神戸牛のよさが生きる

「神戸牛コンビーフ」(150g・2160円)/神戸菊水

「神戸牛コンビーフ」(150g・2160円)。塩漬し熟成させた神戸牛のモモ肉を野菜と一緒に煮込み、丁寧に肉をほぐし煮込みスープと合わせた。素材のよさが生きた繊細で奥深い味わい。<販売:通年 賞味期限:製造日より1年 持ち歩き:冷凍 取寄:可 地方発送:可>

編集部が実食!ホンネで選ぶならコレ!

(篠原)「トゥーストゥースは、“神戸といえば”の名店。どのスイーツも完成度が高く、ハズレなしという印象。サブレは程よいしっとり感があって、見た目よりはきめが細かい口溶け。パッケージも神戸らしいデザインです」

(松浦)「全体的にすごく神戸らしいですよね。パッケージだけで神戸を感じる。凮月堂のゴーフルもあのゴーフルだとわからないくらいおしゃれになってる」

(近藤)「なじみのあるお菓子ですが、今までにないフレーバーに興味を引かれました。ジンジャーとか珍しいですね」

(島田)「ほんのり生姜が効いていておいしかった。この生地って、たぶんなんでも合いますよね。新宿高野はお徳用なのできちんと感はないですが、ちょっとした手みやげにはいいですね」

(篠原)「食べても食べてもなくならないのがうれしい(笑)。小粒ですが、意外にパンチのあるフルーツ感に驚きます。箱入りではないので、贈る相手を選ぶかも知れませんが、見た目のカラフルさと、わかりやすいお得感があって、女子ウケがよい商品ですよね」

(折笠)「神戸らしいこだわりの食品系入ってきてますね。ピロシキ屋はかなりおいしいのですが、そごう神戸店でしか買えない。週末は行列ができているとか。アツアツの揚げたてが食べたい」

(篠原)「神戸菊水のコンビーフも気になる!今回試食できず、ウイスキー好きの私が一番欲しいと思ったのがコレ。少し塩けのあるシングルモルトと相性がよさそう。神戸ビーフの甘味と合わせてみたいですね!」

■そごう神戸店<電話:078-221-4181 時間:10:00~20:00、12月22日(金)・23日(祝)10:00~20:30、12月31日(日)の本館・新館地下食品売場は9:00~、全館~19:00、1月2日(火)9:00~ ※フロアにより異なる 休み:1月1日(祝) 交通:各線三宮駅よりすぐ>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る