【静岡市VS浜松市】特大生姜焼き定食と巨大パフェ!挑戦してみたい爆盛りグルメはどっち!?

2018年1月12日 12:23更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

静岡県を代表する2大都市の静岡市と浜松市。両市には、大食漢にうってつけのグルメがいくつかある。今回は静岡市にある定食店の特大メニューと、浜松市にある老舗喫茶の巨大パフェが対決!

【静岡市】総重量1キロの生姜焼定食

全ての画像を見る(5件)

三保にある「とんかつ 五郎十」(静岡市清水区)は、特大ロースカツ定食(1750円)やヒレカツ定食(1300円)などが人気の定食店。「特大ミンチゴマ入り生姜焼定食」(1650円)は、「もっと大きくしてほしい」という客の要望に応えて作った裏メニューで、通常の2倍に当たる900gの肉を使用する。肉厚でずっしりした肉と、甘辛い特製ソースの絡みもバッチリ。特に30代、40代の男性からの注文が多いという。

【浜松市】難攻不落のスイーツ山脈

浜松市中区にある1981年創業の喫茶店「カフェレストラン ざぼん」では、標高40cmのお化けパフェ「おおきなお山のパフェ」(3000円)が味わえる。店主の遊び心から生まれたというこのメガ盛りパフェは、4・5人でチャレンジする客がほとんどだが、かつては女性1人でチャレンジした強者もいたとか。ベースはイチゴ・チョコ・バニラのアイスクリームで、その隙間を埋め尽くすようにクリームやフルーツなどをデコレーション。器まで含めた総重量は約4kgにもなる。

ボリュームがありすぎの特大生姜焼き定食とパフェ。あなたが挑戦してみたいのはどっち?【東海ウォーカー】

■「とんかつ 五郎十」住所:静岡市清水区三保943-7/電話:0543-35-4966/時間:11:00~14:00、17:00~20:00/休み:月曜

■「カフェレストラン ざぼん」住所:浜松市中区森田町200-8/時間:8:00~翌2:00(LO 翌1:00)/休み:なし

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事