酉から戌へ!ワンダフルな年に!大阪・通天閣で「干支の引継ぎ式」

2017年12月27日 22:51更新

関西ウォーカー 森田直子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

戌年の口上を述べるたこやきレインボー 堀くるみさん

全ての画像を見る(6件)

12月27日、大阪のシンボルタワー・通天閣で年の瀬の恒例行事「干支の引継ぎ式」が行われた。今回は、三度の命の危機から逃れた天王寺動物園が誇る奇跡のニワトリ「マサヒロ」君と弟分の「ヨシト」君から、関西で活躍するアイドルグループ・たこ焼きレインボーメンバーの愛犬「小春」ちゃん、「チェリー」ちゃんへとバトンタッチした。

天王寺動物園から奇跡のニワトリと呼ばれ、人気のマサヒロ(右)とその弟分・ヨシト(左)が、さらに大阪府からは広報担当副知事もずやん(中央)が登壇した

写真左から愛犬を抱いて登場するたこやきレインボーの彩木さんと春名さん。彩木さんは愛犬チェリー(チワワ)を、春名さんは小春(ミニチュアダックスフンド)を抱いて登場

引き継ぎ式が始まり、まずは通天閣観光株式会社の西上雅章社長から「今年の一年を振り返り酉年はなんと取りこぼしの多い年で、大阪の万博立候補や藤井聡太フィーバー等明るい話題もあったけど、政界、財界、相撲界、今後取り返しがつくように精進いたします!ワンちゃん、来年はバーッドな年にならないように宜しくお願いします!」とダジャレを交えた酉の口上が述べられた。

今年を振り返り思わず将棋を指す手になる通天閣観光の西上社長

続いて、戌の口上は、たこやきレインボー リーダーの堀さんから述べられた。「鬼のイヌ間に頑張って、オンリーワンを目指します!ワンさワンさと良い事が起きるワンダフルな年に!素敵なハッピーニューイヌーイヤーを迎えられますように!」と元気よく述べた。その後、酉から戌へ引き継ぎが行われた。

通天閣のシンボル・ビリケンさんの前で干支がバトンタッチ!チェリー、しっかり見てます!

年の瀬で賑わいをみせる通天閣

※関西ウォーカーWEBでは動画も見られます。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る