苺ケチャップを使ったベーグルサンドも!15周年のホテルで「苺づくしのアフタヌーンティー」

2018年1月5日 11:10更新

東京ウォーカー セキノユリカ

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」では、1月5日(金)から5月31日(木)までの期間限定で「苺づくしのアフタヌーンティー」が楽しめる。2018年でホテル開業15周年を迎えることを記念している。

ホテル開業15周年記念の「苺づくしのアフタヌーンティー」

全ての画像を見る(3件)

テーマとなる“苺づくし”を感じるのにピッタリなのが、特製の「苺ディップ」。苺のピューレとホワイトチョコレート、さら にガナッシュを混ぜて仕上げた。手作りの苺マフィンやスコーンにつけて食べると、苺の甘くさわやかな香りが口の中いっぱいに広がる。このディップはホットミルクに入れて、ストロベリーホットチョコレートとしても楽しめる。

【写真を見る】苺ケチャップを使った、イベリコのスモークハムのベーグルサンド

メインとなるのは、苺ケチャップを使った「イベリコのスモークハムのベーグルサンド」。実は相性のとても良い、トマトと苺を使ったシェフ特製の自家製苺ケチャップを、スモークしたイベリコハムと合わせた。イベリコ豚の旨味に爽やかな苺ケチャップの酸味が加わり、美味しさが引き立つ。

そのほかにも、ゴルゴンゾーラの塩気とセミドライ苺の甘味とのバランスが良い「苺とゴルゴンゾーラののクロスティーニ」など、苺を贅沢に味わえるメニューが勢ぞろい。お口直しには、そのままのフレッシュな苺をほおばるのもおすすめ。ドリンクは約20種類ものコーヒー、紅茶がお代わり自由。中でもコーヒーインストラクターがセレクトするスペシャルコーヒー「コスタリカラホジャ」は 標高の高い地域で作られた珈琲豆で、上質な酸味が特徴だ。

苺を贅沢に味わえるメニューが勢ぞろい

この時期ならではの心ときめくアフタヌーンティー。たっぷりの苺とドリンクと共に、優雅なひと時を過ごしてみては。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る