【新店レポート】日本酒が70種以上そろう幸せ! 激うま土手煮は汁まで飲み干せ「日本酒 うなぎだに 裏なんば」

2018年1月9日 7:55更新

関西ウォーカー 折笠隆

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪・日本橋に17年11月24日オープンした「日本酒 うなぎだに 裏なんば」。心斎橋に本店を持つ「うなぎだに」の3号店だ。常時70種以上そろう全国各地の日本酒を、冷蔵庫でボトルを見ながら注文できるほか、日替りのお通しも約20種から選べるのがうれしい。<情報は「関西ウォーカー」18年1月5日発売号より>

日本酒にぴったりのアテと共に

全ての画像を見る(4件)

おすすめは「牛スジ土手煮」(410円)と「利き酒セット」(1,058円)。継ぎ足しながら煮込まれる土手煮は、ホロホロになった牛スジやモツ、野菜の旨味が凝縮した汁まで飲み干したい。季節に合わせたおすすめ3種が味わえる日本酒のセットと合わせて。

ほか、とろりとした濃厚な肝と身の旨味が一体になった「イカ塩辛」(302円)は、日替りメニューのなかでも日本酒にピッタリ。ふっくらとした「鰻 かば焼き」(734円)も人気だ。

同店の実力を、ライター・上田が実食リサーチした。「店員さんの接客は、付かず離れずの絶妙な距離感が心地よく、静かに飲みたい時も、話し相手が欲しい時も快適に過ごせます。料理は少量ずつ盛られているので、一人でもいろいろな種類を食べられて大満足。しっかりした味のものが多いので、日本酒だけでなくビールなどにも合いそう。料理もお酒もお手ごろ価格で、駅近だからといってついつい飲みすぎないようにご注意を(笑)」。

スタッフの中須愛紗美さんによると、「利き酒セットは『新酒』や『お米違い』など、テーマを決めて提供していこうと思っています。本店にはないユニークな日本酒や珍しいものも置く予定です」とのこと。カウンター席では店員や周りの客との会話も弾む。駅からすぐでアクセスも抜群だ。

住所:大阪市中央区日本橋1-18-4 時間:12:00〜24:00(LOフード23:30、ドリンク23:45) 休み:なし 席数:12席、スタンディング18人(喫煙可) 駐車場:なし アクセス:地下鉄各線日本橋駅より徒歩3分【関西ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事