ヤンマーがつなぐ“食材の物語”/行列ができる社員食堂の仕掛け人に聞く新展開

2018年1月10日 14:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2017年2月から土日限定で一般開放されているヤンマーの社員食堂「プレミアム マルシェ オーサカ」が好評を博している。オープン初日には用意していた約100食がアッという間に完売。今も行列が絶えない理由を仕掛け人に聞いてみた。<※情報は関西ウォーカー(2018年1月5日発売号)より>

プレミアムマルシェ事業化推進マネージャーの三木依子さん(42)/ヤンマー(株)

全ての画像を見る(4件)

ヤンマー(株)プレミアムマルシェ事業化推進マネージャーの三木依子さん(42)。プレミアム マルシェ事業を推進するため2年前に入社。「食と自然と人をつなぎ、こだわりを持った農家さんの思いを伝えたい」と、日本各地を奔走中。

週末に開放する社員食堂は行列ができる人気ぶり

メイン食材を肉か魚か選べる一汁三菜のランチとカレーの3種は、生産者の顔が見える安心・安全な素材を使っていながらコスパが抜群。しかも広報の坂田直輝さんによると「ビル内に養蜂場があり、食堂はビルの吹き抜けにある養蜂場を取り囲む形で作られています。そんな自然とのつながりを感じられる環境」も人気の理由と言う。

一汁三菜のランチ「カツレツセット」/ヤンマー(株)

一汁三菜のランチに1月はプレミアム特選素材のカブを使ったスープが登場。

「一般開放は生産者と消費者をつなぐという思いからなんです」と三木さん。ヤンマーといえばエンジンを中心に農業機械や漁船などのメーカーというイメージが強い。だが一方では、近年の農家の人口減少を解消し、農業やその農業を営む地域の活性化のために、生産から流通まで農業の現場に踏み込んださまざまな活動を展開。その一環として、「日本各地に、素晴らしい食材を作る農家があることを知ってもらう」ため、本社ビル建設中から一般開放を考えていたとか。

本社ビル1階では青空市場を開催

また同じ思いから、全国の食材を販売する青空市場を各地で開催。生産者と直接コミュニケーションをとることで「食材の背景にある物語や、地元でどうやって食べられているのかなどを知ってもらえる」イベントとしてこちらも好評だったとか。

「青空市場」/ヤンマー(株)

本社ビル1階で行われる「青空市場」。

盛況ぶりを受け2017年12月には新プロジェクト「ヤンマー プレミアム マルシェ」がスタート。不定期開催だった青空市場を本社ビル1階で毎月第3土日10時30分から15時に実施し、全国のさまざまな食材から厳選した「プレマル特選素材」や加工品を販売する。

生産者の顔が見える希少な食材を楽しむ新店も

また1月5日(金)曜には「プレマル特選素材」を中心に、素材の味を生かしたグリル料理が楽しめる「リストランテ コン・フォーコ」もオープン。

リストランテ コン・フォーコ/ヤンマー(株)

「リストランテ コン・フォーコ」では、グリル料理をビュゼワインなどと共に楽しめる。

「1月のプレマル特選素材には天王寺かぶらなどのカブが登場します。特に青空市場と『コン・フォーコ』に登場する2種の岩手のカブは希少なもので、琴畑かぶは約30年もの間、生産されていなかったカブを地元の高校生が2013年に復活させたもの、暮坪かぶは一軒の農家でしか栽培されていないという、入手困難な幻のカブです。素材の物語や、生産者のことを知れば、食べることがより楽しくなるはず。スタッフがそんな食材に関する説明をさせていただきます」

新レストランにも注目だ。

数字で見るヒットのポイント

【350食】「プレミアム マルシェ オーサカ」ではオープン当初100食用意していたが、すぐに売り切れた。現在でも1日350食がほぼ完売する。

【18人】プロジェクトの要は素材選び。全国津々浦々の素材に目を光らせ、18人ものスタッフが各地を回り「プレマル特選素材」を探す。

【100軒以上】青空市場の出店などにこれまでにかかわった生産者は100軒以上。多数の生産者とつながりを持つことで、多彩な素材を展開する。

■プレミアム マルシェ オーサカ<住所:大阪市北区茶屋町1-32 ヤンマー本社ビル「YANMAR FLYING-Y BUILDING」12F 電話:06-7636-9342(営業中のみ) 時間:11:00~15:00(LO14:30) ※売切れ次第終了 休み:土日のみ営業 席数:213席 駐車場:なし 交通:阪急梅田駅より徒歩5分>

■リストランテ コン・フォーコ<住所:大阪市北区茶屋町4-4 茶屋町ガーデンビル4F 電話:06-6373-8830 時間:17:00~23:00(LO22:30) 休み:日月 席数:20席 駐車場:なし 交通:阪急梅田駅より徒歩6分>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る