灯りのオブジェが温泉街を照らす!山鹿灯籠浪漫・百華百彩開催

2018年2月1日 16:04更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2月2日(金)~24日(土)までの毎週金曜と土曜に、「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」(熊本県山鹿市)が開催される。同祭りは、山鹿温泉や灯籠まつりで知られる山鹿市の冬の祭典。

一つ一つ味がある手作りのオブジェにうっとり


和傘や竹を使ったオブジェが街に飾され、夕暮れ時に灯りが点り始めると、昼間とは違った幻想的な雰囲気に包まれる。

【写真を見る】竹と和傘が紡ぐ優しい灯りが街一帯を照らす


二大郷土芸能を楽しめる「山鹿風情物語」


また、明治から続く芝居小屋「八千代座」では期間中20:30から、勇壮な山鹿太鼓と優雅な山鹿灯籠踊りの二大郷土芸能を楽しめる「山鹿風情物語」が披露される(入場料1000円)。

縁結びのパワースポットである金剛乗寺石門が闇夜に浮かぶ


メインストリートの豊前街道のほか、八千代座や金剛乗寺の境内・参道などに灯りが配置され、街を美しく照らし出す。

淡い灯りが、春を待つ如月の詩情あふれる豊前街道一帯を彩るのを、うっとり眺めながら歩いてみよう。

【九州ウォーカー編集部】

九州ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る