記念グッズにレアな光景も!ディズニー「サンクスデー」潜入レポ

2018年1月17日 15:53更新

東京ウォーカー(全国版) 水梨かおる

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

閉園後のパークを貸し切り、東京ディズニーリゾートで働く準社員(アルバイト)のキャストを上司がもてなす「サンクスデー」。今年も1月16日、東京ディズニーランドで同イベントが開催され、ゲストとして参加した約1万6000人のキャストが、特別な一夜を楽しんだ。

入園するキャストたちは元気いっぱい!(C)Disney

20時15分のイベントスタートを前に、メインエントランスには多くのキャストが詰めかけ、早くも熱気ムンムン!ゲートが開くと、一斉に“歩いて”入園。決して走ることなく、この日もキャストとしてのモラルを守っていた。

キャストのコスチュームを着た上司による、ウェルカムグリーティング(C)Disney

「いつもありがとう!」と書かれたボードを手に、キャストをお出迎え(C)Disney

ワールドバザールには役員や社員がずらりと並び、ウェルカムグリーティングを実施。ハイタッチをしたり、配布されるキャンディーを受け取ったり、上司との交流を楽しみながら歩を進めていた。

東京ディズニーランドバンドによるアトモスフィア・エンターテイメント(C)Disney

なお、パーク内の各所でアトモスフィア・エンターテイメントも行われ、ワールドバザールではバンドの演奏に足を止めるキャストも。

写真左から、東京ディズニーリゾート・アンバサダーの福本望氏、オリエンタルランド 代表取締役社長兼COO 上西京一郎氏、代表取締役会長兼CEO 加賀見俊夫氏(C)Disney

シンデレラ城前で行われたセレモニーには、オリエンタルランド 代表取締役社長兼COO 上西京一郎氏と、代表取締役会長兼CEO 加賀見俊夫氏が出席。上西氏は「キャストの皆さん一人一人が素晴らしい笑顔とチームワークで、ハピネスをお届けしてくれたことで、たくさんのゲストの皆様にお越しいただくことができました」と感謝を伝えた。

さらに、東京ディズニーリゾート35周年に向けて団結するべく、上西氏の言葉に続き、セレモニー参加者が「ハピネス」と声を合わせる一幕も。

「サンクスデーセレモニー」で上演された「フローズン・フォーエバー」(C)Disney

加賀見氏は「何もない海から始めたこの土地において、多くのゲストの皆さんに夢や感動をお届けすることができましたのも、すべてのキャストが日々ベストを尽くし、ゲストをおもてなしした努力の賜物でございます」と労いの言葉を送った。両氏の挨拶に続き、シンデレラ城ではキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」が上演された。

カストーディアルキャストのコスチュームを着た上西京一郎社長と、記念撮影をするキャスト
(C)Disney

全ての画像を見る(20件)

カストーディアルキャストに扮し、清掃を行う上西社長(C)Disney

セレモニー終了後、上西氏は、清掃を担当するカストーディアルキャストのコスチュームに身を包んで登場。キャストとの記念撮影に応じた他、ほうきとちりとりを持って清掃を行ったが、しっかり掃除が行き届いた地面にゴミは残されていなかったようだ。

アトラクション「空飛ぶダンボ」を楽しむキャスト(C)Disney

「プーさんのハニーハント」の待ち時間が「821(ハニー)分」に!(C)Disney

「サンクスデー」では、一部を除きアトラクションも運営され、少ない待ち時間で楽しむことができる。「プーさんのハニーハント」の待ち時間が、「821(ハニー)分」と表示されるなど、遊び心あふれる演出も見られた。

【写真を見る】2018年の記念グッズはコレ!マフラータオルを広げるキャストたち(C)Disney

ショーベースのステージは、大人数での記念撮影に人気(C)Disney

さらに、パーク内を歩いていると、各所で記念撮影を楽しむキャストに遭遇。この日はスペシャルフォトロケーションとして、普段は上がることができないショーベースのステージが解放されており、こちらも多くのキャストで賑わいを見せていた。

グーフィーは「サンクスデー」のグリーティングでも大人気(C)Disney

記念品のマフラータオルを手に、プルートと記念撮影(C)Disney

キャラクターグリーティングも大人気で、パークのあちらこちらに人だかりが。なかには記念グッズのマフラータオルを広げて撮影するキャストも!ちなみに記者はグーフィーやプルート、「三匹の子ぶた」の三兄弟、ホーレス・ホースカラーなどに会うことができた。

東京ディズニーシーのハロウィーングルメ「ブラッククイニーアマン」も登場(C)Disney

「サンクスデー」ならではのグルメも見逃せない。ハロウィーンの時期に東京ディズニーシーで販売されていた「ブラッククイニーアマン」と、人気の食べ歩きフード「ポークライスロール」のセットなど、通常時はお目にかかれないメニューが多数提供されていた。

東京ディズニーランドのレストラン「センターストリート・コーヒーハウス」で勤務しているというキャストのグループに話を聞いてみると、「サンクスデー」ではこれらのメニューを特別価格で購入できるとあって、魅力的なようだ。

だが、楽しみにして来たことを尋ねると、フードやアトラクションよりも先に「上司との交流」を挙げていたのには驚いた。コスチューム姿の上司と、無礼講で接することができるのが楽しいようだ。振り返ってみると確かに、キャラクターグリーティングと同じような感覚で、上司との記念撮影で盛り上がるキャストの姿が印象的だった。

普段のパークとはまた異なる、温かい気持ちであふれた「サンクスデー」は、大盛況のうちに幕を閉じた。

この記事の画像一覧(全20枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事