苺と活性炭のコラボに満足!「セントレジスホテル」のいちごブッフェに潜入調査

2018年1月25日 11:10更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

毎回、スイーツファンから絶賛されている「セント レジス ホテル 大阪」のいちごブッフェ。今回のテーマは「ピンクと黒」。新鮮ないちごはもちろんピンク色のクリームやマシュマロと“活性炭”の黒を組み合わせたスタイリッシュなスイーツは、フォトジェニックさNo.1!そんな「セント レジス ホテル 大阪」のいちごブッフェに編集部が潜入調査。ホンネで採点したベストメニューを発表! ※実施は2017年12月29日(金)~2018年5月13日(日)まで<※情報は関西ウォーカー(2018年1月23日発売号)より>

海外セレブも注目の“活性炭”が旬のいちごとおしゃれにコラボ!

イチゴショートケーキ/セント レジス ホテル 大阪

イチゴショートケーキ/セント レジス ホテル 大阪

すべての画像を見る(13件)

<ベスト1>「イチゴショートケーキ」。イチゴシロップを合わせた甘酸っぱい生クリーム。炭色の黒いスポンジは思った以上に口溶けがよい。

【写真を見る】イチゴムース/セント レジス ホテル 大阪

【写真を見る】イチゴムース/セント レジス ホテル 大阪

<ベスト2>「イチゴムース」。表面に活性炭をスプレーした濃厚な甘酸っぱさのムース。見た目と味のギャップにびっくり!

ブリオッシュサンド/セント レジス ホテル 大阪

ブリオッシュサンド/セント レジス ホテル 大阪

<ベスト3>「ブリオッシュサンド」。活性炭を練り込んだ生地がインパクト大。イチゴシロップで味を付けた風味豊かな生クリームをサンド。

デコレーションパフェ/セント レジス ホテル 大阪

デコレーションパフェ/セント レジス ホテル 大阪

<ベスト4>「デコレーションパフェ」。自分で作るパフェ。コーナーにはクッキーやチョコスプレーなどのほか、タピオカなどの変わり種も並ぶ。

ワッフル/セント レジス ホテル 大阪

ワッフル/セント レジス ホテル 大阪

<ベスト5>「ワッフル」。活性炭といちご果汁を練り込んだ2種。いちご味は表面に乾燥いちごをあしらい、酸味でパンチをプラス。

ブッフェ会場の様子を実況

ピンクと黒で仕上げた2層のミートローフの美しさに歓声/セント レジス ホテル 大阪

ピンクと黒で仕上げた2層のミートローフの美しさに歓声/セント レジス ホテル 大阪

【15:10】ミートローフに人だかり。早々に列が。シェフが切り分ける特別感は格別。ピンクと黒で仕上げた2層のミートローフの美しさに歓声。

スイーツなどがなくなると、素早く新しいものが補充される/セント レジス ホテル 大阪

スイーツなどがなくなると、素早く新しいものが補充される/セント レジス ホテル 大阪

【15:30】こまめにスイーツを補充。スイーツなどがなくなると、素早く新しいものが補充される。スタッフの目配りと動きが小気味よい。

自分でアレンジするパフェコーナー/セント レジス ホテル 大阪

自分でアレンジするパフェコーナー/セント レジス ホテル 大阪

【16:00】パフェコーナーも大人気。ひととおりスイーツを味わったころ、自分でアレンジするパフェコーナーに人が集中。真剣に材料を選ぶ人も。

最後はいちご食べ放題/セント レジス ホテル 大阪

最後はいちご食べ放題/セント レジス ホテル 大阪

【16:30】最後はいちご食べ放題!ラストオーダーになるといちご食べ放題のコーナーが込む。最後は主役のいちごで締める人が多い印象。

甘いもの=罪悪感を軽減!ブッフェのポイント

「なにか新しく驚きのあるものをと、ハリウッドのセレブがダイエットや健康のために取り入れている“活性炭”に注目しました。活性炭は体内の不純物や毒素などを吸着する性質がありデトックス効果も。たくさん食べても罪悪感が軽減される、そんなスイーツを作りました」と、ペストリーシェフの伊藤慎二さん。

パフェコーナー/セント レジス ホテル 大阪

パフェコーナー/セント レジス ホテル 大阪

パフェコーナーには15種類の材料が並ぶが、マカロンやショートケーキなどのいちごスイーツをのせるのもおすすめ。

フードも大好評/セント レジス ホテル 大阪

フードも大好評/セント レジス ホテル 大阪

フードも大好評で遅めのランチを兼ねる人も多数。活性炭入りピラフやバーガーなど一品ごとに完成されたおいしさ。

潜入調査を終えて

トレンドやチャレンジが詰め込まれた構成に満足!

高い天井で広々としたラグジュアリーな空間/セント レジス ホテル 大阪

高い天井で広々としたラグジュアリーな空間/セント レジス ホテル 大阪

淡い大人ピンクで飾られた、高い天井で広々としたラグジュアリーな空間。席もゆったりしているので時間を忘れる。

(篠原)「席数が少なくてゆったりしているので、ホテルならではのプレミアム感がありますね」

(松浦)「ピンクと黒のディスプレーがおしゃれ。スイーツも写真に撮りたくなるものが多くて、トレンドを押さえてましたね」

(篠原)「デザインだけでなく、活性炭を使ったりとシェフのチャレンジ精神も感じました。イチゴムースのように、見た目と味のギャップもよかったです。ただ、食事系メニューがもっとあれば…。ピラフは、もう少し温かいとうれしかったかな」

(松浦)「ハンバーガーやいちごを使ったカプレーゼがおいしくて、私は食事系もよかったです」

(篠原)「ドリンクは種類が多いのもよかった。レッドベリーティーの、紅茶にベリーのシロップを入れる仕かけは初体験!ドリンクのサービスもこまめにしてくれて気遣いを感じました」

(松浦)「ドリンクも飲み放題ですし、いちごもソースも3種類あるのでたくさん食べました」

いちご食べ放題コーナー/セント レジス ホテル 大阪

いちご食べ放題コーナー/セント レジス ホテル 大阪

いちご食べ放題コーナーはソースにも注目。いちご練乳や活性炭入りブラックバニラクリーム、チョコソースがある。

(篠原)「料金を考えると、もうひと押し!スイーツは申し分ないので、フードが充実すれば…。華やかさや特別感は頭一つ抜けている印象ですね」

(松浦)「スイーツが全体的に甘めだからか、早めにギブアップ。ショートケーキやワッフルなどおいしかったのですが、私には少し重かったかも…。もう少しいろいろ食べられたらコスパはもっと高かったです!」

■ブッフェDATA/ストロベリーデザートブッフェPINK'n Black 料金:4800円(税・サ別) 実施時間:15:00~17:00 制限時間:120分 予約:要(電話、WEB) いちごメニュー:フード約10種、スイーツ約40種、ドリンク4種 いちごの品種:さちのか、ゆめのか、あまおうなど いちご食べ放題:国産ブランド3種

■セント レジス ホテル 大阪<住所:大阪市中央区本町3-6-12 1F 電話:06-6105-5659 時間:ランチ11:30~14:30、ティータイム15:00~17:00、ディナー17:30~22:00 休み:なし 席数:90席 タバコ:禁煙 交通:地下鉄本町駅よりすぐ>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全13枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る