新名物誕生!?三河みりんを使った新感覚スイーツ

2018年3月3日 16:41更新

東海ウォーカー 吉川明里

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

240余年の歴史を持つみりん製造の九重味淋が2018年3月8日(木)から「三河味淋まんじゅう」(680円)の販売を開始する。

新三河名物!?三河みりんをふんだんに使った「三河味淋まんじゅう」が誕生

全ての画像を見る(2件)

京都の老舗や高級料亭でも使われるという同社の看板商品、「本みりん九重櫻」。そんな「本みりん九重櫻」と、製造過程でできる「みりん粕」をたっぷりと、三河味淋まんじゅうの皮とあんに使う。みりんの風味をたっぷりと感じることができる一品だ。

【写真を見る】「三河味淋まんじゅう」(680円)

みりんの甘さを生かすため、本来使用する白砂糖は不使用!優しい甘味が口いっぱいに広がり、しっとりとした食感が楽しめる。老舗みりんメーカーが作る新三河名物をお試しあれ!

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る