春と言えば、イチゴ!パティシエこだわりのイチゴケーキ5選 in 愛知

2018年3月15日 20:37更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

旬をむかえたイチゴを使ったスイーツは、今だからこそ味わえるとっておきの品。今回は、愛知県各地で食べられる5つのイチゴケーキをピックアップ!甘酸っぱいフルーツと、クリームのハーモニーを味わいに、パティスリーへ足を運ぼう。

イチゴムースとレアチーズの組み合わせでかわいく!

愛知県春日井市「シュークレール」の「アリス」(430円)

「シュークレール」では、シンプルな中に素材の味や香りが生きたケーキが評判

全ての画像を見る(5件)

同店ではシンプルな中に素材の味や香りが生きた、かわいいケーキに出合うことができる。クリーム色と薄桃色のモザイク模様がおしゃれな「アリス」(430円)。クリームチーズに少しカマンベールが入ったレアチーズはコクがたっぷり。

3層のクリームで風味豊かに仕上げたエクレア

愛知県春日井市「PÂTISSIER Labo TETSUYA(パティシエ ラボ テツヤ) 高山店」の「苺とピスタチオのエクレール」(432円)

【写真を見る】イチゴクリームのピンクと、ピスタチオクリームの緑が鮮やか

愛知県春日井市にある「PÂTISSIER Labo TETSUYA 高山店」では、3層のクリームの風味豊かなエクレアが登場!こちらの「苺とピスタチオのエクレール」(432円)はイチゴの生クリーム、ピスタチオの生クリーム、アーモンド風味のカスタードクリームの組み合わせが深い味わいを生む。刻みアーモンドをのせた生地の食感もGood!!

イチゴクリームで華やかに!フランス伝統のケーキ

愛知県長久手市「PIERRE PRÉCIEUSE(パティスリー ピエール プレシュウズ) 本店」の「ヴァシュラン フレーズ 」(475円)

「PIERRE PRÉCIEUSE 本店」はパリの料理学校、コルドン・ブルーを首席で修了した寺島直哉オーナーの店

パリの料理学校、コルドン・ブルーを首席で修了した寺島直哉オーナーの店である「PIERRE PRÉCIEUSE 本店」。フランス伝統のケーキをアレンジした「ヴァシュラン フレーズ 」(475円)は、その見た目の美しさにため息がもれてしまいそう。イチゴのクリームと軽やかなメレンゲの中には、フロマージュブラン、イチゴのムースなどが入る。

ベリー系果実とピスタチオが好相性

愛知県稲沢市「Pâtisserie an Du temps pour la maison(パティスリー アン デュトンプール ラ メゾン)」の「Printemps(プランタン)」(604円)

素材の持ち味を引き出し、丁寧に作られる菓子を目当てに、全国からファンが訪れる

素材の持ち味を引き出し、丁寧に作られる菓子を目当てに、全国からファンが訪れるこちらの店。フランス語で“春”を意味する名がつけられた「Printemps」(604円)の、ダコワーズ生地とバタークリームはピスタチオ味だ。花の香りがするタイベリーとイチゴのコンフィチュールで甘酸っぱさをプラス!

真っ赤なあまおうをたっぷり盛り付けてゴージャスに

愛知県東海市「セリュリエ」の「あまおうがいっぱい」(1400円)

土曜、日曜、祝日しか食べられないスペシャルなケーキ

「セリュリエ」のモットーは「シンプル、遊び心を大切に」。大粒で甘く、ジューシーな味わいのあまおうを13から15粒ほど贅沢に飾りつけした「あまおうがいっぱい」(1400円)の中には、口溶けのいいロールケーキが潜む。土曜、日曜、祝日限定のレアメニューだ。

愛知県内で味わえる5つのイチゴケーキ。あなたが気になったのはどのケーキ?

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る