栃木 ヤシオマスをはじめ喜連川の恵みがギッシリ!「竹末 道の駅本陣」

2018年4月13日 17:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2017年4月にリニューアルした「道の駅きつれがわ」。そのフードコートに、栃木県内屈指の人気を誇る「竹末」グループが出店し、大きな話題を集めた。「今でも本店がある喜連川は、『竹末』の原点。オファーをもらい、『地元に恩返ししたい』という気持ちで引き受けました」出店の経緯を語る代表の竹末さん。「喜連川の魅力をより多くの人に知ってもらいたい」という思いも重なり、地元の特産を使ったメニューを開発。それが、ごちそう喜連川ラーメンだ。

喜連川の恵みがギッシリ「ごちそう喜連川ラーメン」(900円)

クセがなく、鶏の上品な旨味のあとにヤシオマスとアユの余韻が広がる「ごちそう喜連川ラーメン」(900円)

全ての画像を見る(9件)

【写真を見る】スープの主役は、ニジマスを品種改良した栃木名産の“ヤシオマス”

目玉となるのが、地元・喜連川で養殖されている“ヤシオマス”。栃木県の水産試験場で品種改良されたニジマスで、身の色が県花のヤシオツツジに似ていることからその名が付けられた。そんな“栃木の至宝”をスープ、香味油、香味ペーストの3通りで使用し、ヤシオマスの旨味を存分に堪能できる一杯に仕上げている。さらに、スープにはアユ、香味ペーストにはウナギと、こちらも地元で養殖されている魚を使用。その名のとおり、喜連川の恵みが詰まった“ごちそう”を誕生させた。

注文すると番号札の代わりに矢沢永吉の曲名にちなんだ食券が渡され、でき上がるとその曲名がコールされる

店舗は農産品・特産品の直売所や温泉などを併設する「道の駅きつれがわ」内のフードコートにある

丸鶏がベースのクリアな味わい「醤油ラーメン」(800円)

「醤油ラーメン」(800円)は丸鶏がベースのクリアな味わい。醤油ダレにウナギのタレを混ぜていて、ほんのりと甘味も感じられる

醤油ダレにウナギのタレを混ぜていて、ほんのりと甘味も感じられる。那須の郡司豚を使ったチャーシューはしっとり柔らか。

旨さのポイント

香りとコシを追求した中太麺は2種類の小麦をブレンド

「竹末」グループ御用達の製麺所に特注。スープの個性に負けないよう、香りの強い北海道産と、コシが出るオーストラリア産の2種類の小麦をブレンドしている。多加水でスープによくなじむ。

ヤシオマスとアユの旨味が詰まった“喜連川スープ”

丸鶏や鶏ガラ、手羽先などを丁寧に炊き上げた清湯(チンタン)に、180℃のオーブンでこんがりと焼き上げたヤシオマスとアユを丸ごと投入。鶏の旨味の中にそれぞれの魚の風味が溶け出している

噛むほどに肉の旨味が広がる熟成肉のローストビーフ!

具の中で目をひくのがローストビーフ。ハラミに近いサガリという赤身で、店内の熟成庫で一定期間寝かすことで余分な水分が抜け、旨味がアップ。特製ダレに漬け込んでじっくりと焼き上げている。

喜連川の魅力をより多くの人に知ってもらいたいと語る代表の竹末さん

「900円という値段は高いと思われる方もいるかもしれませんが、安売りはしたくない。これぞ“喜連川ブランドの最高峰”という一杯ができたと自負しているので、ぜひ味わってみてください!」と地元愛も熱い一杯を味わえる。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る