福岡の激辛グルメの代表格!スリランカカリー専門店「不思議香菜 ツナパハ」

2018年3月13日 19:30更新

九州ウォーカー 杉山はづき

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

本場出身のシェフが腕を振るう、スリランカカリー専門店「不思議香菜 ツナパハ」(福岡市中央区)。看板メニューのスリランカカリーは、食べるほどに汗が噴き出る激辛グルメの定番としても有名だ。

ランチはサラダと食後のヨーグルトアイスと紅茶がセットになって970円。カレーは4種類から選べる

全ての画像を見る(5件)

「スリランカカリー」(単品880円)は、本場スリランカから直輸入する27種類のスパイスとココナッツミルクで作る。刺激的な辛さのなかにもまろやかなコクがあり、あとを引く旨さ。辛さの調節もできるので、激辛好きはもちろん、辛さが苦手な人まで満足できる。

【写真を見る】「スリランカヌードルカリー」(単品880円)。ビーフンにたっぷりグルービーを染み込ませて食べるとよりおいしい

次いで人気の「スリランカヌードルカリー」(880円)は、炒めた野菜とビーフンに、チキンとポテト、レンズ豆の3種類のカレーがマッチ。辛さが物足りないという人には、“脳天を直撃する刺激”と謳うスパイス増量「リアルレッドカリー」にすることも可能だ。

スリランカ出身のシェフ。流暢な日本語で気さくに話しかけてくれる

店内は、アジアン雑貨や南国風の家具が配された異国情緒ただよう雰囲気。場所は、若者や観光客でにぎわう天神西通りのど真ん中。ビルの5階にあり、窓際の席からは天神の街を眺めることができる。

アジアン雑貨や南国風の家具が配された異国情緒ただよう雰囲気

オープンキッチンなので、調理しているようすを見ることができる

ランチタイムは11時30分から17時までと長く設けているので、遅めのランチにもおすすめ。シビれるおいしさのスリランカカリーをぜひ味わってみて。

[不思議香菜 ツナパハ]福岡県福岡市中央区大名2-1-50 大産西通ビル5F / 092-712-9700 / 11:30~22:30(LO) / なし

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る