“博多とは両思い!”宝塚花組トップコンビ・明日海りお&仙名彩世が5月の博多座に登場!

2018年4月6日 15:02更新

九州ウォーカー 文乃

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

5月に博多座にて開催される宝塚歌劇花組公演。3月30日(金)に花組トップスターの明日海りお、トップ娘役の仙名彩世が来福し、公演についての意気込みや博多への思いを語った。

【写真を見る】明日海りお&仙名彩世。宝塚歌劇団花組は、13年ぶりに博多座に登場する

上演演目は、中大兄皇子、大海人皇子の兄弟が、女流歌人・額田女王をめぐって繰り広げる愛憎劇『あかねさす紫の花』と、ワインをモチーフにした華やかなショ―『Santé!!』(サンテ)の珠玉の2本立てで行われる。

福岡で行われた記者会見に登壇した宝塚歌劇団花組トップスター・明日海りお&トップ娘役・仙名彩世

すべての画像を見る(11件)

『あかねさす紫の花』について

『あかねさす紫の花』は1976年の初演以来、たびたび再演が行われ、上演の度に観客を魅了し続ける和物の名作。今回は中大兄皇子、大海人皇子、仏師の天比古の三役が役替わりで演じられるのも見どころのひとつ。中でも明日海りおは、中大兄皇子、大海人皇子、相反する二人の兄弟を演じ分けることになる。

『あかねさす紫の花』について話すトップスター・明日海りお

明日海りお「この作品は、下級生時代に全国ツアー公演で参加しました。当時は大海人皇子が一人の女性を思う姿に、さわやかで素敵だなと、演じていて感じていました。今回役替わりをすることもあり、これまでの先輩方が演じられた作品も勉強のために拝見させて頂きました。それを観て、中大兄皇子の国を率いる男のカッコ良さをすごく感じましたし、両役とも、とても魅力的な役だと思いました。役替わりだからと、二つの役を単に対照的に演じるのではなく、それぞれの役でしかできない芝居の深め方ができたらと思っています」

『あかねさす紫の花』について話すトップ娘役・仙名彩世

仙名彩世「私はこの作品が大好きで、携わりたいとずっと願っていました。憧れの演目で、額田王女を演じさせていただけることに、とても喜びを感じております。今回は、役替わりがあるので、明日海さんが演じられる中大兄皇子、大海人皇子、それぞれとお芝居ができることが楽しみですし、たくさん勉強させて頂けたらと思っています」

記者の質問に笑顔でこたえる明日海りお&仙名彩世

ショー『Santé!!』について

ショー『Santé!!』について話す男役トップ・明日海りお

明日海りお「『Santé!!』は大先輩である安寿ミラさんが振付されたシーンもあり、ザ・男役、そして可憐な娘役という宝塚の醍醐味がたくさん詰まっている私達も大好きなショーです。フィナーレの黒燕尾のシーンは、以前『Coktailーカクテルー』というショーで先輩がされた花組にとっては思い入れのある場面でもあります。気合いを入れ直して稽古に取り組んで、以前よりもグッと良くなったねと言っていただけるようなショーにしたいと思います。博多座でオススメしたいのは、プロローグで、お客様と「乾杯」させていただくシーン。お客様参加型で、いつもよりも近くでいっしょに盛り上がれると思いますので楽しみにしていただければと思います」

博多座には初登場となる娘役トップ・仙名彩世

仙名彩世「『Santé!!』は、スタッフの先生方、みなさまの花組愛と男役への愛と、娘役への愛、そして宝塚への愛というものが全てそこに注ぎ込まれているなと感じられる作品です。何よりもみんなが楽しいと思いながら公演していたのがとても印象に残っています。プロローグの乾杯のシーンでは客席に降り、できるだけたくさんのお客様と乾杯をしたいなと思っています。お客様がショーを楽しみにしてくださっているのもうれしいですし、その期待に応えられるようにいっしょになって盛り上がって行けたらと思います」

博多のお客様と「サンテ!(乾杯!)するのが楽しみ」と語る明日海りお&仙名彩世

ライブビューイングが決定!

明日海りおは2度目、仙名彩世は初の博多座登場となる。実は博多座公演のチケットは既に完売しているのだが、チケットを取ることが出来なかった人のために、博多座公演が全国の映画館でライブ中継されることも決定している。

「博多とは両思い!」と話す明日海りお

明日海りお「おかげさまでチケットが完売とのこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。私は以前博多座公演に出演させて頂きましたが、普段から組子たちと博多座に行きたいね!と話をしているんです。その願いがようやく叶うので、とても楽しみです。……なので、すごく勝手なのですが、多くのお客様に楽しみにしていただけていることで『(博多と)両思いだ!』という感じがしてうれしかったです(笑)。今回のライブビューイングは、役替わりがあるので2つのパターンで2回上映があります。ショーも映画館の大画面で観ていただけたら大迫力で楽しんでいただけると思いますので、もし良かったら両方のパターンを観て頂きたいですね(笑)」

博多座公演はチケット完売、ライブビューイングも決定

仙名彩世「私は博多座に来させて頂くのは初めてなので、本当に楽しみです。みんなとも『博多座での公演はまだかな?』と心待ちにしていましたし、花組には九州出身の生徒が多いのでみんなの凱旋公演にもなると思います。ライブビューイングでは、博多座に来られなかったお客様がいろんな場所で応援してくださっているのだという思いをもちながら公演できることを幸せに思います。あと……(ライブビューイングでは)すごくアップになるんだよ、と言われて、どんな風に映し出されるのか少し心配でもありますが(笑)、その辺も楽しみにしていただけたらと思います」

会見では、博多座公演についての意気込みや思いを語った

明日海りお、仙名彩世率いる花組が13年ぶりに博多座に登場する「宝塚歌劇花組公演」は5月4日(金)から26日(土)まで。また、全国の映画館で開催されるライブビューイングは5月12日(土)、25日(金)に行われる。明日海りおの役替わりが両方楽しめるので、チケットが取れなかった人は、ライブ中継で花組博多座公演を楽しもう!

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る