【実食レポ】レンジで2分!「即席トッポキ」は舌に残る辛さがクセになる

2010年4月26日 17:17更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

韓国で、若い女性を中心に人気を集める屋台の定番メニュー“トッポキ”が、自宅で手軽に味わえる商品となって発売されているのをご存じだろうか。エスビー商事の「即席トッポキ」(298円/165g)は、韓国で“トック”と呼ばれる棒状の餅と、甘辛いソースが付属したレトルト商品。電子レンジで2分間温めるだけで、本場の味が楽しめる! ということで、気になった記者は早速スタッフを集めて食べてみた。

まず、おいしそうなトッポキの写真とハングルで“本場の味”を表現したパッケージを開けてみると、フォークとともにフタ付きの容器の中に入った、真空パックのトック(餅)とソースが。作り方は、その容器にトックを入れてソースをかけ、フタを閉めたら電子レンジで2分間温めるだけの簡単調理だ。その際、フタの中央にあるツメを外側に折って蒸気を抜ける穴を作るのがポイント。

待つこと2分。本当にこんなに簡単に本場の味が楽しめるのか!?と、疑いつつ、電子レンジから取り出してフタを開けてみると…湯気とともにコチュジャンのいい香りが! いざ試食してみると、1口サイズのトックに甘辛いソースがからんで非常においしい。

韓国と日本の女性たちに約1年間リサーチをして完成させたというこだわりのソースは、記者が実際に韓国で食べたものより少し甘めに感じたが、食べた後もちょっぴり舌に残る“クセになる辛さ”は本場とほとんど変わらない。「ピリ辛でおいしい。止まらない(笑)」「1人で食べられるサイズだし、小腹が空いたときにいいかも〜」「酒のつまみにピッタリ!」と、ほかのスタッフにも好評だった。

「美人が多い韓国で、女性が1番好きな甘辛い“トッポキ”。これからは、気軽に召し上がってください。唐辛子のカプサイシン効果で、ダイエットにもいいですよ」と、商品担当のジンさんも話すように、レンジでチンするだけで、ここまで本場の味に近いものが楽しめるならお得感も十分! 今後、チーズやカレー、しょうゆ味を開発する予定ということなので、気になる人はぜひ試してみて!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る