鎌倉に行こう!2018年鎌倉にオープンの新店から、早くもウワサのお店をさっそくチェック!

2018年4月7日 7:00更新

横浜ウォーカー 取材・文=A-un、撮影=奥西淳二

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

抹茶やフランボワーズなど全4種のチョコルネ。ミニサイズ(324円~)もあり。クリームとクロワッサンの絶妙なバランスがたまらない!
(C)撮影=三佐和隆士

全ての画像を見る(9件)

今年オープンしたばかり、地元でも注目を集めているおすすめの3店をピックアップ。実力派イタリアン、話題のチョコレートクロワッサンや鎌倉野菜のスープ専門店など、どこも個性とセンスがキラリ。ランチやブレイクタイムにさっそく行ってみよう!

CHOCOLATE BANKで、生チョコたっぷりのクロワッサンを!

小町通りにあるアロマ生チョコブランド「ca ca o」が手がける新店。看板メニューは生チョコクリームをクロワッサン生地に詰めたチョコルネ(大)540円~。カラフルな見栄えは写真映えもバッチリ! 元は銀行だった建物を生かしたスタイリッシュな空間も心地いい。

金庫室を使ったオシャレなバー「cacao bar」もあり、営業は木曜〜土曜21:00〜24:00(LO)(C)撮影=三佐和隆士

2018年1月、御成通り沿いにオープン。店内にはチョコで作ったゴリラのオブジェも!(C)撮影=三佐和隆士

イタリアンのCORNOコルノで優雅なランチタイム

【写真を見る】ドリンク、豊富な種類の前菜の盛り合せ、パスタがセットのランチA(1,566円)。ランチは全3種(C)KADOKAWA 撮影= 野口 彈

大船で人気のイタリアンが由比ガ浜通りに移転しリニューアル。藤沢の農家から仕入れる旬の野菜やヨーロッパ産の食材に、ハーブやスパイスを隠し味に使った料理が評判だ。スパークリングワインが1杯付くランチセットで優雅な時間を過ごそう。

2018年1月オープン。カウンター4席、テーブル8席のこじんまりした店内。食事に合うワインも多数用意(C)KADOKAWA 撮影= 野口 彈

「じっくり煮込んだ豆料理や藤沢産の野菜の前菜をご賞味ください!」と、店主の津野仁紀さん(C)KADOKAWA 撮影= 野口 彈

スープママン テンスケで鎌倉野菜のスープを味わう

「鎌倉野菜のミネストローネランチ」(1,000円)。旬野菜がたっぷりでシンプルな味付け。ハチミツはパンに付けたり、レモン水に入れてもいい(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

鎌倉野菜を使用したヘルシーなスープランチが、早くも女性に大人気。スープセットは、ミネストローネのほか、鎌クラムチャウダー1,100円、ポタージュ900円の3種がある。天然酵母パンかライスを選べるが、長谷のパン工房から届く特注のパンがおすすめ。

スープのほかカレーもある。10種以上のスパイスを用いいたさらりとしたインド風ソース、「バターチキンカレーランチ」(1,000円)(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

2018年2月オープン。パリの屋根裏をイメージしたかわいらしい空間。小町通りの路地裏にある紫色のドアが目印(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

今回紹介した3店は、御成通り、由比ガ浜大通り、小町通りの路地裏にあり、多くの飲食店がひしめく激戦区。鎌倉らしい風景や雰囲気を楽しめるエリアでもあるので、ランチやお茶のあとは、周辺をのんびり散策してみよう。

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る