鎌倉でのステキな一日の始まりはとっておきの朝食で!

2018年4月13日 12:35更新

横浜ウォーカー 取材・文=A-un

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「海宿食堂 グッドモーニング材木座」の「朝定食」(900円)は、日替わりの焼き魚、女将手作り玉子焼きなど。のんびり海を眺めながらの朝食は感動的!
(C)KADOKAWA 撮影= 吉澤広哉

全ての画像を見る(9件)

朝食を出すカフェや食堂が、じわじわと増えてきている鎌倉。潮風を感じる海辺のテラスや、風情ある古民家、地元の日常を窓から望む食堂など、鎌倉らしいお気に入りのロケーションでのんびり朝食を楽しみ、さわやかな1日の始まりを!

材木座の海が目の前に広がる、「海宿食堂 グッドモーニング材木座」のテラス

「海宿食堂 グッドモーニング材木座」ではオープンキッチンで女性スタッフが愛情たっぷりの朝食でおもてなし(C)KADOKAWA 撮影=吉澤広哉

【写真を見る】おとなしくて人懐こい、看板犬のヒメちゃんはみんなの人気者(C)KADOKAWA 撮影= 吉澤広哉

宿を併設した海辺の食堂で、日替りの焼き魚定職が味わえる。大テーブルが並ぶ広々とした店内も快適ながら、天気がよければ材木座の海を間近に眺めるテラス席がおすすめだ。ランニング途中や、サーフィンの前後に立ち寄る地元客も多い。

路地裏の古民家・「福日和カフェ」でほっこりと朝のひと時を

2種類のおにぎりと旬の野菜を中心としたおかず、お味噌汁などがセットになった本日の福結びプレート(1,000円)(C)撮影=三佐和隆士

築70年以上の平屋を改装した雰囲気のいい古民家。静かな住宅街の跡地にあり、穴場感もたっぷり(C)撮影=三佐和隆士

「福日和カフェ」のテラス席もあり、ワンちゃん連れもOK!お店の看板犬、フレンチブルドッグのジョジョ店長に会えることも(C)撮影=三佐和隆士

坂ノ下地区の細い路地の先にある古民家カフェは、まるで知人宅を訪れるような気分に。発酵食品やスパイスなど、スタッフが気になる食材、調理法を取り入れた料理が並ぶ。また、熟成した豆を使いネルドリップでいれたコーヒー580円もおすすめ。

「朝食屋COBAKABA」で安全食材&栄養満点の定食を味わう

「自家製ベーコンと目玉焼き定食」(980円、数量・期間限定)。味噌汁はダイコンやネギなど約5種類の野菜が入ったけんちん汁。ほか小鉢、漬物、五穀米(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江

会計を先に済ませ、カウンターからセルフサービスで受け取る(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江

若宮大路に面し、黒板に手書きの「おはよう、かまくら。」が目を引く(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江

2017年10月、10周年を機にリニューアル。鎌倉の朝を盛り上げ、旅の拠点にしてほしいと朝食専門店となった。より食材にこだわり、毎日仕入れる野菜や平飼いの有精卵、オリジナル味噌など、栄養満点の定食メニューが自慢だ。

海の景色や新緑が心地いい春の鎌倉。休日でもランチほど混み合うことがない朝は、落ち着いて食事を楽しめるのも魅力!早起きをして出かけ、朝食から鎌倉を楽しんでみるのはいかが?

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る