限定品やイートインスペースも!キットカット初の空港常設店が伊丹空港にオープン

2018年4月17日 20:00更新

関西ウォーカー 村井貴臣

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ネスレ日本は、キットカット ショコラトリー初の空港常設店として、「キットカット ショコラトリー伊丹空港店」を4月18日(水)にオープンする。

初の空港常設店として注目を集める「キットカット ショコラトリー 伊丹空港店」

「キットカット ショコラトリー」は、「ル パティシエ タカギ」のオーナーシェフ・高木康政シェフの全面監修のもと、素材や製法にこだわったプレミアムキットカットを届ける専門店。

同店は、ビジネスパーソンの手みやげ需要に対応するため、初の空港常設店として、大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト中央エリアへの出店となった。

初の空港常設店として、大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト中央エリアに出店

同店では、ご当地みやげシリーズを含む全17種の「キットカット」をはじめ、大阪らしいデザインを大胆に取り入れた伊丹空港限定商品を販売。また、高木シェフ特製のスイーツを約10品をイートイン販売するほか、持ち帰り販売も行う。

さらに、カフェスペースも併設。キットカットの形をしたフォトジェニックなベンチで、スイーツやドリンクを楽しむことができ、ファミリーのおでかけにも使えそうだ。

高木シェフ特製スイーツ約10品のイートイン販売と持ち帰り販売も行う

カフェスペースでイートインも。「キットカット」の形をしたフォトジェニックなベンチも可愛い

オープン記念キャンペーンとして、パフをシャリ状に成型し、キットカットを寿司ネタに見立てた関西初上陸となる“寿司キットカット”を570人にプレゼントする。

本物の寿司のように2本指で摘んで食べられるチョコレートは、チョコレート職人が一貫一貫、丁寧に握られている。

サクサク食感が特長のキットカットに、クーベルチュールホワイトチョコレートでコーティングした、ライスパフの食感とわさびパウダーのアクセントが加わり、ユニークな見た目と贅沢な風味を楽しむことができる。

4月14日プレオープン時の様子

旅の出発などで空港を利用する際は、ワンランク上のキットカットを体験してみては!【関西ウォーカー編集部】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る