さくっと寄れる!日常使いにおすすめな日比谷バー

2018年4月27日 19:50更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

定番にアレンジを加えたオリジナルカクテルを提供する

全ての画像を見る(3件)

「一流のBARの雰囲気を、誰でも気軽に安心して楽しめる空間」というコンセプトで、1990年に日比谷の路地裏にオープンした日比谷バー。劇場など歴史ある建物と、東京ミッドタウン日比谷などの新しい商業施設が融合する街で、「伝統」と「革新」をテーマに、2017年にリニューアルした日比谷店では、ベーシックなカクテルはもちろん、定番にアレンジを加えたオリジナルカクテルがラインナップ。店内はバーカウンターとの距離感が近く、小じんまりとしたたたずまいで、落ち着いた大人の雰囲気を楽しめる。

【写真を見る】1杯目におすすめの「CLASSIC GIN SONIC」780円。ジントニックをアレンジしたオリジナルカクテル(左)。べったら漬けとクリームチーズの相性が絶品のチーズべったら480円(右)

BARはちょっぴり入りづらいと感じるかもしれないが、お酒に詳しくなくても全然OK! スタッフに好みなどを気軽に相談できるので、新しいカクテルを知るきっかけにも。また、強いお酒が苦手という方でも、飲みやすいカクテルを提案してくれるので安心だ。

5名から利用できるラグジュアリーな個室は、人気のため事前予約がベター

BARを利用するのは2〜3軒目というイメージがあるが、日比谷Barではコース料理も展開。貸切利用も可能だ。さまざまなシーンで利用できる。日比谷の歴史と新しさを感じるBARで本格的なカクテルを気軽に楽しんでみよう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る