女性好みのカクテルはお任せを! 「運命の一杯」を見つけてくれるバーテンダ

2018年4月27日 19:54更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

一流のBARの雰囲気を、気軽に誰でも安心して楽しめる空間がコンセプト

全ての画像を見る(2件)

「一流のBARの雰囲気を、気軽に誰でも安心して楽しめる空間」というコンセプトで、1990年に日比谷の路地裏にオープンした日比谷Bar。「知らないお酒についてレクチャーしたり、お客様の好みに合うカクテルを提案したりするのが楽しい。お酒を通じたお客様とのコミュニケーションがやりがいですね」と話すのは日比谷Bar日比谷店の責任者をしている大澤雄司さん。

学生時代はテニスでプロを目指すほどのスポーツマンで、パン職人の経験もある、多彩な経歴の持ち主だ。人と話すのが好きで、この世界に飛び込んだという。「実はお酒が弱いので(笑)、個人的には甘めのお酒のほうが好きなんですよ。だから、女性好みのカクテルのご提案はお任せください!」

【写真を見る】好きなお酒はギムレット。甘ざっぱりしていて、キリッとした口当たりが好き。シンプルなレシピなので作り手の技量が出るのが魅力なのだとか

【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る