お弁当もスイーツもお土産も!東京駅エキナカで「ゴールデンウィークフェア」開催

2018年5月3日 07:35更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京駅のエキナカ商業施設「グランスタ」・改札外「グランスタ丸の内」は、5月13日(日)までの期間、「ゴールデンウィークフェア」を開催している。

東京駅丸の内駅舎パッケージの茅乃舎の「東京駅限定だし3種 『心ばかり』」(1250円)


改札外レストランゾーン「黒塀横丁」、「キッチンストリート」、「グランルーフ」、「グランルーフフロント」、「グランアージュ」では、家族で楽しめるメニューや子ども向けメニューを展開。期間中は、ゴールデンウィークの行楽を盛り上げる限定弁当や、お土産に最適な限定土産、出発前や帰りの際に東京駅構内で楽しめるレストランメニューを多数展開する。また、「こどもの日」におすすめのスイーツやプチギフトなども取り揃えている。

旅を盛り上げる豪華な弁当や限定弁当、シェアにおすすめの弁当が登場


とんかつ まい泉の「東京駅丸の内駅舎三階建て弁当」(972円)は、ヒレかつサンド、かつ重、黒豚そぼろと玉子のご飯を三段にした限定のお弁当。ボリュームがあるのでシェアするのにおすすめ。

とんかつ まい泉の「東京駅丸の内駅舎三階建て弁当」(972円)のパッケージには駅舎がデザインされている


浅草鉃板亭「ロースステーキ重」(1295円)は、すき焼の老舗「浅草今半」がプロデュースする、鉄板焼き弁当ショップの人気商品。選りすぐりの国産黒毛和牛を使用し、醤油ベースのソースをからめて赤身をほどよく残しながら焼き上げたロースステーキ弁当はグランスタ限定。

【写真を見る】グランスタ限定の浅草鉃板亭「ロースステーキ重」(1295円)


いとはんの「牛肉グリル&すきやき重」(1620円)は、「牛肉グリル・バルサミコソース重」と「黒毛和牛のすきやき重」の2つの味を一度に楽しめる贅沢なお弁当。見た目の通り、まさにスタミナ満点の一品。ほどよく酸味が効いたバルサミコソースで香りよくグリルした厚めの牛肉は、ご飯との相性がバツグンで、さらに甘めの割り下が染み込んだ黒毛和牛のすき焼きとの贅沢なセットは、東京駅グランスタ限定の美味しさ。

スタミナ満点、いとはんの「牛肉グリル&すきやき重」(1620円)


ゐざさ茶屋の「彩り寿司 皐月」(1890円)は、季節感のある手まり寿司やちらし寿司、巻き寿司を盛り合わせ。山菜やよもぎを使用した彩り豊かで食べやすい小ぶりなお寿司は、行楽のお供に最適。(販売期間:4/23~6/6)

行楽のお供に最適なゐざさ茶屋の「彩り寿司 皐月」(1890円)


竹若の「塩にぎり」(1550円)は、藻塩とすだちでさっぱり食べる、見た目も爽やかな塩にぎり。築地直送の真鯛や平目、カンパチなど、塩とすだちに合うネタを厳選。醤油を使用しないので、電車の中でも食べやすいところもおすすめ。(販売期間:4/23~9/30)

電車の中でも食べやすい竹若の「塩にぎり」(1550)円


笹八の「赤レンガ豚蒲焼乃巻弁当」(1180円)は、東京駅丸の内駅舎の赤レンガを豚蒲焼で表現したグランスタ限定のお弁当。たれが絡まった豚蒲焼は、後を引くおいしさ。(販売期間:販売中)

丸の内駅舎の赤レンガを表現した笹八の「赤レンガ豚蒲焼乃巻弁当」(1180円)


伊達の牛たん本舗の「厚切り芯たん弁当」(1680円)は、仙台名物牛たん焼きの弁当。歯ごたえのいいプリッとした食感が人気の厚切り芯たんが車内で楽しめる。(販売期間:販売中)

厚切り牛たんを車内で味わえる伊達の牛たん本舗の「厚切り芯たん弁当」(1680円)


  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

この記事の画像一覧(全40枚)

キーワード

ページ上部へ戻る