ブームで続々登場!“男の脱毛”新商品を使ってみた

2010年5月11日 13:39更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「男のムダ毛って興味ない?」発端は編集部女性陣のひと言。“体の中も外もキレイ”を応援すべくムダ毛事情を調べると、最新アイテムが誕生→密かなブームになっていた! そこで編集部より急遽メンズ“美”部を発足♪ 編集部“非”モテ男が、美しくなるべく? 新作ムダ毛処理アイテムを実際に使ってみた。

最初に使ってみたのは4月に発売されたばかりという男性用脱毛機器、その名も「no! no! for MEN」(3万5900円、YA-MAN)。ムダ毛を「抜く、剃る」ではなく、熱エネルギーが毛を「焼く」ことで瞬時にカット、残った毛が気になる人はヒゲ剃りなどで処理が必要だが、使うたびに毛自体が薄くなっていくことも期待できるという優れモノだ。

「剛毛ではないけど、腕毛の濃さがまばらで見た目が汚いんです…」と除毛初体験(誌面を合わせて2回目)の編集部U田。ムダ毛を焼き切るというかつてない方法に「これ、今までにない使用感!腕毛が、生え方が自然になってる!!」と驚愕の様子。若干ニオイが気になるものの痛みもないし、ヒゲ剃りの要領でできるので楽チンだ。「このまま使い続けてムダ毛のない体になったら、韓流スターみたいになっちゃうかも…」。

次は「シック クアトロ4チタニウム ボディ」(1470円、シック・ジャパン)。4枚刃のT字ヒゲソリに電動トリマーがついた二刀流! しかも0.3〜6㎜まで長さを調節できる超便利なカミソリなのだ。「僕にとって顔のデカさをごまかす無精ヒゲは絶対」という編集部U田。でも、バラバラに生え伸びて不潔に見えるのは美しくない。さっそくトリマーを使って、ヒゲをすいて長さをそろえてみた。「んー、自然! なんか(中田)ヒデみたい!」

女性には意外かも知れないが、男性も人によって“いつも剃るところ”があり、ヒゲはもちろん、まゆ毛などをケアする男性は多い。東京ウォーカー11号(5/11発売)では、ここで紹介したアイテムのほか、1回使い切りで手ごろな値段の脱毛クリームなども掲載。男性のムダ毛の悩みを解決してくれるアイテムが続々登場している。男の脱毛はますます気軽に、女性の目を気にしないでいい時代がやってきたのだ。

女性も喜ぶ、韓流スターのような“美しい体”はムダ毛レスボディから! 最新アイテムで脱毛体験してみよう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る