個性豊かなカクテルが人気「Peterバー」を支えるシニアバーテンダー

2018年5月9日 18:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

フォーブス・トラベルガイドのホテル部門において、3年連続で5つ星を獲得している、日比谷駅直結のラグジュアリーホテル「ザ・ペニンシュラ東京」。その最上階まで上がった先にある「Peterバー」は、日比谷の街並みを見渡しながらカジュアルな雰囲気でお酒を楽しめると、日本人だけでなく外国人観光客からも人気だ。

併設するステーキ&グリル「Peter」含め、夜には美しい東京のビル群の夜景も楽しめる

全ての画像を見る(3件)

独創的なカクテルが豊富に揃っているのも特徴的。Peterバーの魅力を表現するシグネチャーカクテルから、ペニンシュラの歴史を感じさせるものや、期間限定の遊び心を感じさせるものまで、多彩なオリジナルカクテルを楽しむことができる。

【写真を見る】個性豊かなPeterバーのオリジナルカクテル。

「自分自身もお酒が好きですし、お客様においしいと言ってもらえるのが一番嬉しいです」

そう話すのは、シニアバーテンダーの池田聡詞さん。バーテンダーの勉強をしていたときに、たまたま立ち寄ったPeterバーで、雰囲気の良さやスタッフたちが楽しそうに仕事をしている姿を見て、「ここで働きたい」と思ったという。気づけば今年で勤続8年目。カウンターに立つ姿もすっかりサマになった。

「お一人でお越しになるお客様も多いので、気軽に立ち寄ってほしい」と話す池田さん

「接客中は、お客様をよく観察することを心がけています。よく『私をイメージしたカクテルを作ってほしい』というオーダーをいただくことがあるので、仕草や目線、着ている洋服などからその方の人柄や好みを予想するというのはとても大切なこと。コミュニケーションを取る時間も楽しく、やりがいのある仕事です」(池田さん)

その場のフィーリングでカクテルを作る難しさもあるが、「できあがったカクテルに対し、お客様からすぐに反応が返ってくる。このスピード感こそバーテンダーの醍醐味ですね」と、仕事のおもしろさを語ってくれた池田さん。確かな経験から作られる思いのこもった一杯を求めて、ぜひ足を運んでみては。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る