参加店舗は昨年の約2倍!「東京ビアウィーク2018」が今年も開催

2018年5月14日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) 木内亜里紗

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

自由なアイディアでビールを楽しみ、東京のビールシーンをより盛り上げようというイベント「東京ビアウィーク2018」が、2018年6月2日(土)から6月17日(日)までの16日間にわたって開催される。

今年は約230店舗が参加! 東京がビールであふれる16日間 「東京ビアウィーク2018」

全ての画像を見る(8件)

5回目となる今年は、近年のクラフトビール人気の高まりを受け、昨年の1.8倍となる約230店舗が参加予定だという。

【写真を見る】第4回「東京ビアウィーク2017」イベントの様子

同イベントの実行委員会に取材したところ、「世界中で開催されている『ビアウィーク』を東京でも。そんな思いから東京ビアウィークを始めて、今年で5回目の開催となります。今回は、昨年大好評だったスタンプラリーを中心に据えたイベントとなっております。豪華な景品もご用意しているので、ぜひ様々なお店を巡ってビールを楽しんでいただければ嬉しいです。みなさまのご参加を、心よりお待ちしております!」とのこと。

都内7店の直営店舗のほか、コンビニエンスストアでも大人気の「YONA YONA BEER WORKS」も参加決定(写真は吉祥寺店)

デビルクラフト神田

アイデアあふれる多彩なビールや、それを生み出すつくり手、ビールと親和性の高い様々な文化やファン層との出会いの場である「東京ビアウィーク2018」。仕事帰りの一杯に、気軽に参加してみてはいかがだろうか。

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る