初夏にスカッと!名古屋・納屋橋でレモンサワーの祭典が開催!!

2018年5月16日 12:50更新

東海ウォーカー 淺野倫孝

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

爽やかな香りと、スッキリした飲み心地で、幅広い年代に愛される“レモンサワー”。そんなレモンサワーの祭典「レモンサワーフェスティバル2018」が2018年4月に東京・歌舞伎町シネシティ広場での開催を皮切りに、全国7会場で順次実施されている。名古屋では、2018年6月15日(金)・16日(土)の2日間、納屋橋(名古屋市中村区)・堀川沿いで開催。5つの店が出店し、多彩なレモンサワーと、相性ピッタリのイチオシ料理が味わえる。

「レモンサワーフェスティバル 2017」は東京での開催のみ!2018年は全国7エリアでの開催となった
※画像は大阪開催時の様子

全ての画像を見る(3件)

このイベントのきっかけとなったのは、昨今の「レモンサワーブーム」。レモンサワーは一般的に甲類焼酎をベースにしているため、低糖質。レモンでビタミンも補給できるため、比較的ヘルシーなアルコールとして人気がある。また、焼酎と炭酸、レモンの3つの材料で作るスタンダードなものだけでなく、凍結レモンや、シロップ漬けのレモンを使用した“進化系レモンサワー”が登場し、ブームとなった。カッティングや盛り付けなどの見た目にこだわったものもあり、インスタ映えするレモンサワーも増えている。

5月10日(木)から12日(土)まで開催された大阪会場では、3日間で1万6680人を動員。1万4505杯のレモンサワーが販売された※画像は大阪開催の様子

【写真を見る】低糖質なレモンサワーは女子にもピッタリ!※画像は大阪開催の様子

「レモンサワーフェスティバル2018」では、そんな多種多様なレモンサワーが勢ぞろいする。気温も高くなり、レモンサワーがよりおいしく感じられるこの季節。格別な1杯を求めて、同僚や友人を誘って行ってみよう!

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る