神奈川初出店!Urth Cafféで世界初となる肉料理とお酒を楽しもう

2018年6月8日 17:05更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

Urth Cafféでしか食べられない料理に注目!(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

2018年3月23日、横浜ベイクォーターにアメリカ・ロサンゼルスなどで展開する人気のカフェが神奈川に初進出。代官山、表参道に次ぐ日本3号店として注目を浴びている。「人にやさしく、地球にやさしく」をコンセプトに、コーヒーや紅茶は化学肥料や化学物質を使わず育てられたオーガニックを使用。自家焙煎したローストコーヒー豆に、手摘みされた紅茶とこだわっている。

【写真を見る】「アースカフェ オリジナルオーガニック コーヒーチーズバーガー」(1,598円)。ブラックペッパーとオーガニックコーヒーパウダーが味のアクセント(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

メニューは、ボリューミーなハンバーガーやピザ、生地がフワフワのパンケーキなどがそろう。さらに夜は、世界中の「Urth Caffé」でも初めてとなる肉料理とアルコールが味わえるので、食事に飲みにぜひ利用しよう。

ボリュームあるフワフワなパンケーキ(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

ポイント1:店オリジナルのインスタボードを活用しよう

ひと際映えるビビッドなインスタボードが人気!(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

店内のレジの付近にオリジナルのインスタボードを設置している。「Urth Caffé」と店名入りのショッキングピンクのボードは鮮やかで、「オーガニック グリーンティー ボバ」(680円)をはじめ、どんなフード&ドリンクも映える!

ポイント2:バリスタがいれる絶品カフェラテ

ラテアートが施され、クリーミーな「カフェラテ」(580円)(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

「Urth Caffé」ではオーガニックのコーヒー豆を使用。なかでもハンドドリップコーヒーには、優れた甘さとアロマの香りを感じられる、昔ながらの方法で栽培されている“エアルームコーヒー豆”を用いている。またカフェラテは3か月トレーニングしたバリスタが担当。エスプレッソに、ストロング&スイートで十分に泡を立て甘味を出したミルクを合わせるので、砂糖がいらないほど。

ポイント3:横浜ベイクォーター店限定のアルコール類

「ベルゲ」(左)や「アズール」(中央・各918円)などカクテルは甘めで飲みやすく、女性にもおすすめ(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

オーガニックのワイン(グラス 540円)(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

「Urth Caffé」では初めてとなるアルコール類が登場!クラフトビールは「シエラネバダ ペールエール」など3種(各961円)。カクテルは、ブルーキュラソー×ウォッカで作った「アズール」や、「ベルゲ」(各918円)などオリジナルが3種ある。標高差のある土地で栽培されたブドウで作ったポルトガルのオーガニックワイン「マルケス・ダルメイダ」(グラス540円、ボトル2,700円)も。肉料理と合わせて堪能しよう。

ガラス張りのモダンな店は、屋外にテラス席もある
(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

全ての画像を見る(10件)

天井が高く明るい店内は、リラックスできるようグリーンを配している(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

取材担当・Qの感想

ジューシーな「サーロインステーキ240g」(2,138円)。スパイシーポテト付(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

アメリカ・ロサンゼルス本店同様のコーヒー豆を使っているので、コーヒーやカフェラテ好きには飲んでほしいです。また、注目はディナーです。世界中の店でも肉料理&お酒類が楽しめるのは、ここ横浜ベイクォーター店のみ!カクテルはオリジナル、ワインもオーガニックと厳選していますので、肉料理やハンバーガーと合わせて楽しんでみてください。【取材・文/中沢文子、構成/奥村沙枝奈、撮影/奥西淳二】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る