メガネの街・福井県鯖江市で「めがねフェス」開催!めがねをテーマにしたイベントを多数開催

2018年6月5日 7:30更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

6月9日(土)・10日(日)の2日間、福井県鯖江市のめがねミュージアムと鯖江市文化センター前駐車場特設会場で「めがねフェス」が開催される。

子ども向けイベントブースも充実
写真は主催者提供

全ての画像を見る(3件)

めがねの聖地、福井県で“めがね”が主役のイベントを開催。めがねが似合うアーティストを迎えたステージライブをはじめ、めがねをモチーフにしたアイデアグルメやグッズの販売、ワークショップなどを行う。

また、めがねを限界までかけ続ける珍競技「メガネリンピック」のほか、昨年よりブースを拡大して行う「POP UP GALLERY」では、最新の産地めがねの展示即売を行い、作り手と直接交流ができる。

【写真を見る】メガネをモチーフにした料理も登場写真は主催者提供

担当者は「今年で5回目となる『めがねフェス』は、毎年『めがねよ、ありがとう。』をテーマに全国のめがね好きの方に楽しんでもらえるイベントとして、ご好評をいただいております。

めがねグルメ、めがねグッズ、めがねステージ、ワークショップなど、めがねをモチーフにした様々な企画が用意されています。メーカーが直接フレームの紹介をするポップアップギャラリーもあります。鯖江市主催の吹奏楽フェスティバルも同時開催されます。めがねづくしの2日間です」と話す。

メガネが選考基準のアーティストライブも写真は主催者提供

メガネの街・鯖江ならではの趣向を凝らしためがねの祭典。メガネをかけていても、かけていなくても、鯖江のメガネの魅力に触れに行こう!

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る