湘南びとが案内! 「まちかどマルシェ」主催者・磯崎 睦さんの日に日に広がる地元コミュニティ

2018年6月9日 7:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ここが私の居場所なんです」と、まちかどマルシェでの磯崎さん。出店者全員に声をかけて回る(C)KADOKAWA 撮影=高嶋佳代

平塚駅近くの紅谷町まちかど広場で定期的に開催される「まちかどマルシェ」。主催者の磯崎 睦(むつみ)さんは、街の活性化のため精力的にイベントに取り組んでいる。"むっちゃん” の愛称で親しまれ、彼女の行動力にひきつけられた人達が自然と集まり、その地元コミュニティは、さらに大きな輪になっている。

地域の交流の場・まちかどマルシェに潜入!

屋台を超えたレベルだと評判の「ヤスダバーガー」は、湘南のイベントで人気。2018年4月に初出店(C)KADOKAWA 撮影=高嶋佳代

スターモール商店街の広場で、不定期に行われるイベント。キッチンカーが並ぶなか、作家の作品や雑貨なども販売している。ステージでは着ぐるみショーやじゃんけん大会も開催。ほぼ毎月開催されるが、7月はお休みの予定。

地域の人がたくさん集まり、対応に大忙しの磯崎さん。「来てくれてありがとう」「天気がよくてよかったね!」(C)KADOKAWA 撮影=高嶋佳代

MO3 storeのオーナーとはイベントが縁で仲良しに

オーナーの劔持さんと店先でおしゃべり。「もっさん、また一緒にイベントやろ!」(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

サーフィンほか、横乗りスポーツのアイテムを多彩に販売(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

サーフィンなどのアイテムを多数扱うショップだが、知り合いの作家の作品などもセレクトし販売。スケボー無料貸し出しなど、地元の人が集まるスポットだ。オーナーの劔持良輔さんは、平塚ではちょっとした有名人。「イベントつながりで出会った、粋なオトナ。なんでも手作りしちゃうんです」と磯崎さん。

オンラインショップもあるのでチェックしてみよう!(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

imore

「弟みたいな2人がオープンしたお店です! よろしくね」
(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

全ての画像を見る(9件)

【写真を見る】「imoreスムージー」(各620円)。果物から絞ったソー スで絵を描いたフォトジェニックな一杯を!(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

江ノ電の江ノ島駅近く、片瀬すばな通り商店街に、2018年4月にオープン。20代の店主2人が海外で出合ったスムージーの専門店がこちら。生のフルーツや野菜とヨーグルト、チアシードなどを合わせた飲み応えのある一杯。栄養価も高い。

「カラフルで栄養満点のスムージーでくつろげますよー♪」(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

磯崎さんは、平塚駅北口の洋品店「萬屋(よろずや)」の看板娘でもある。イベントへの出店などに興味のある人は、連絡してみて。

磯崎さんの行動範囲は、平塚を中心にした湘南全域。湘南をまたにかけ活躍する"むっちゃん” が仕掛ける今後の展開も楽しみだ。

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る