道の駅・世羅で新茶フェア開催

2018年6月5日 17:59更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

尾道自動車道世羅ICに接する道の駅・世羅で、6月11日から17日までの1週間、新茶フェアが開催される。

かつて県内唯一のブランド茶として知られた世羅茶

全ての画像を見る(1件)

お茶の新芽を摘む時期はその年の立春から数えて88日目が目安といわれ、毎年5月初めに当たるが、気温が低い世羅では例年5月半ば以降。

日照時間が長く寒暖の差が激しい高原で育つ世羅茶は、まろやかな甘みと豊かな香り、すっきりとした後味が魅力。今年も「瀬戸内しまなみ海道」「中国やまなみ街道」延沿線の観光協会がおすすめするスイーツの販売も行われる。

他よりちょっと遅めの新茶を楽しむために、道の駅世羅まで出かけてみよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る