福岡で食べる台湾・雪花氷!ひんやり&ふんわりがやみつきになる「china cafe」のカキ氷

2018年6月13日 12:00更新

九州ウォーカー 上川奈穂美

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

台湾やマカオなど、幅広い中国圏のグルメを提供する「china cafe」(福岡市中央区)。ここでは、台湾から上陸して日本でも人気の高いかき氷"雪花氷"を一年中楽しめる。

通年提供している「マンゴー」(790円税抜)は、マンゴー味の氷にマンゴーの果肉とマンゴーアイスをトッピング

全ての画像を見る(4件)

"雪花氷"とは、フルーツを練りこんだ氷を専用の機械で極限まで薄く削ったかき氷。氷そのものに味が付いていて、溶ろけるような口どけで人気を集めている。

【写真を見る】色鮮やかな内装の店内では中国雑貨を販売する

中国から仕入れたインテリアで統一された店内は、カジュアルな雰囲気。かき氷を提供する期間は、かき氷目当ての客で行列ができることも。

6〜8月限定のトロピカルメロン(950円税抜)

この夏、期間限定で登場するのが「トロピカルメロン」(950円税抜)。メロンソースがかかった氷に、メロンやスイカ、ドラゴンフルーツ、マンゴー、パパイヤなどのフルーツがトッピングされている。フルーツたっぷりの贅沢なかき氷は、暑い夏のご褒美スイーツにぴったり。

飲食店が入るビルの3階にある

[china cafe]福岡県福岡市中央区今泉1-17-22 i.CUBE 3F / 092-737-2688 / 12:00~19:00(金〜日は21:00) / 不定休

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る