パンチの効いたコッテリ豚骨派はコチラへ。「太宰府八ちゃんラーメン 博多駅前3丁目店」オープン

2018年6月14日 12:24更新

九州ウォーカー 久保田学

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

とんこつラーメン(650円)。豚の丸骨、背脂を強火で煮込んだ濃厚スープ

全ての画像を見る(7件)

福岡の“八ちゃんラーメン”は、源流を同じくする薬院、太宰府の2系統があり、ともにガツン!とくる濃厚豚骨スープが特徴。近年、店舗拡大を進める「太宰府八ちゃんラーメン」が、3号店となる博多駅前3丁目店を開業した。アクセス至便で、王道の博多豚骨が楽しめる新店は来福した友人を連れて行くのにもオススメだ。

濃厚豚骨×パラフワ焼きめしの最強コンビ

太宰府、天神に次ぐ博多駅前店は、2018年5月にオープン。スープは福岡でも屈指の濃厚さが持ち味。背脂も入れ“どっしり感”を際立たせながらも、使う骨は下処理を徹底した丸骨のみなので、臭みがなく食べやすい。骨を割り髄から旨味を絞り出したスープに、九州醤油ベースのタレが芳醇な香りとほんのりとした甘さを添えている。

辛味噌とんこつラーメン(700円)。豚骨スープに唐辛子味噌を溶かす

【写真を見る】半やきめし(とんこつラーメンとのセットで900円、辛味噌とんこつラーメンとのセットは950円)。濃厚スープありきでシンプルな塩味に

また、同店はラーメンと一緒に焼飯を頼む“やきめし率”が約7割。こってりとしたラーメンとの相性を追求した焼飯は、あえて薄い塩味に仕上げ、赤ヒラほか刻んだ天ぷらが入るのも特徴。焼飯をレンゲですくい、スープに浸して楽しむ客も多い。豚骨ラーメン好きでもよりコッテリ派にぜひ訪れてもらいたい。

博多らしい細麺を好みの硬さに茹でてくれる

チャーシューは甘くて濃厚な味の豚バラ肉

店内は11席。卓上に無料の辛子高菜と紅ショウガ、すりおろしニンニクなどが置かれる

“太宰府八ちゃん”の3店舗目が博多駅前にオープン

[太宰府八ちゃんラーメン 博多駅前3丁目店]福岡県福岡市博多区博多駅前3-5-20/092-476-8300/11:00〜15:00、17:00〜22:00(LO)/日曜休

取材・文=上村敏行、撮影=戸高慶一郎

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る