山梨県甲府市でキース・ヘリング展開催中

2018年6月30日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

山梨県甲府市の中村キース・ヘリング美術館で、「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」展が開催中だ。

「いつの時代も、アーティストは社会の代弁者だ。アーティストの『言語』は、我々が生きる世界の知覚いかんで左右される。アーティストはいつでも『現実』と『理想』の狭間にいる媒体なのだ。』(キース・ヘリング『キース・ヘリング ジャーナル』(1984)より)。

「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート展ポスター

「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート展ポスター

ニューヨークでカウンターカルチャーに大きな影響を受け、激動するニューヨークで、そして世界中の都市を駆け巡りながら、アートを通し様々なメッセージを生涯発信し続けたヘリング。

ニューヨークの地下鉄でのサブウェイドローイング制作を始め、ポスター・アートに着目し核放棄や、反アパルトヘイト、エイズ予防、LGBTの認知など社会的な問題にも取り組んだアーティスト。

中村キース・へリング美術館「希望の展示室」

中村キース・へリング美術館「希望の展示室」

本展では、新しく収蔵作品に加わる1990年の作品「オルターピース:キリストの生涯」を初公開。これは1990年2月16日、へリングが31歳でエイズにより亡くなる数週間前に完成した最後の作品だ。なお、毎週日曜日には学芸員によるギャラリーツアーも行われている。

館内のカフェスペースもキース・ヘリングのアートでいっぱい

館内のカフェスペースもキース・ヘリングのアートでいっぱい

すべての画像を見る(4件)

6月にはプライド月間として世界各地が虹色で染まった。小淵沢の美術館に訪れて素敵な時間を過ごそう。

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る