バイキング料理にも一切手抜きなし!天王寺の中華ビアガーデン「楓林閣」の逸品たち

2018年7月11日 13:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ビアガーデン楓林閣(ふうりんかく)」は、中華料理の名店で総料理長を務めた趙氏が40年以上前に創業した中華料理店。3代目の料理長に就任して10年になる森田さんは創業すぐに「楓林閣」に入り腕を磨いてきた筋金入りのたたき上げ。ビアガーデンで提供するバイキングの料理にも出来合いのものに頼らず手作りするのがモットーだ。<※情報は関西ウォーカー(2018年7月3日発売号)より>

天王寺で唯一の屋上ビアガーデン。800人収容というキャパは大阪市内でも最大級/ビアガーデン楓林閣

全ての画像を見る(3件)

40年以上にわたり楓林閣と共に歩んだ料理長が手作りする逸品を

料理長は、調理技術がいかに確かでも食材がよくないと旨い料理は作れないと、日々市場に足を運ぶ生粋の職人。

【写真を見る】しっとり蒸し上げられた蒸し鶏はスパイスの効いた自家製醤油ダレで/ビアガーデン楓林閣

山椒やニンニクで風味付けした自家製ダレに漬け込んだ焼豚/ビアガーデン楓林閣

ほかにおすすめの逸品は、食べ応え満点でビールによく合う、牛乳で練った皮がもっちりとした食感の豚まん。

「ジューシーで香ばしい鶏の骨なし唐揚げに海老チリ、酢豚にデザートのミニ桃饅頭など、創業時から変わらぬ味わいの料理が時間無制限で食べ放題です。昔ながらの雰囲気を楽しんで」と、料理長の森田 隆さん。

■ビアガーデンDATA/「中華バイキング」期間:8月31日(金)まで予定 料金:4100円 フード:蒸し鶏・春巻・えび天・麻婆豆腐・海老チリ・鶏の甘酢・水餃子・焼飯・酢豚など約35種 ドリンク:生ビール・ハイボール・チューハイなどが飲み放題

■ビアガーデン楓林閣<住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-35 アポロビル9F 電話:06-6649-1065 時間:17:30〜21:30(最終入場20:00) 休み:不定休 席:800席(喫煙可) アクセス:各線天王寺駅より徒歩2分>

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る