何度でも通いたくなる!福岡・東区エリアのおすすめカレー4選

2018年9月13日 12:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

季節の変わり目だったり、夏の疲れから気持ちも何となくダレ気味。そんなときはやっぱりカレー!ピリリとスパイシーなカレーを食べれば、元気になれる。パキスタンやネパール人シェフが作る本場のカレー、スパイスにこだわるカレーなど、福岡市東区で食べられるカレーを4つ紹介する。

手間ひまかけた現地の家庭料理を味わえる「ハラールフード マルハバ」

イスラム教の法に則り、規定以外の方法で処理された肉やアルコールを使わないフード「ハラール」食品を販売する「ハラールフード マルハバ」。店主のジャマールさんが作るインド・パキスタンの家庭料理が味わえる。メニューは日替りで、行ってみてのお楽しみ。

「ハラールフード マルハバ」のインド版炊き込みご飯「ビリヤ二」(1500円)

全ての画像を見る(5件)

「ビリヤニ(マトン)」(1500円)。レモンとミントのさわやかな香りのあとに、青唐辛子の辛味がくる。細かく刻んだキュウリをプレーンヨーグルトに混ぜ込んだソース・ライタをお好みで混ぜて召し上がれ。サラダ付き。金曜日のみサラダはなしでチャイがセットになる。

[ハラールフード マルハバ]福岡市東区筥松3-10-13 / 080-3224-9864 / 11:00~21:00(LO20:00)、金曜12:00~※料理の売切れあり/ 火曜休み 

特製レシピで作るインド料理がズラリ「本格インド料理レストラン Sathi(サティ)」

「本格インド料理レストラン Sathi」は海外の一流ホテルに務めた経歴のあるネパール人シェフが創業。オリジナルレシピで作る本格インドカレーが自慢だ。辛さは甘口~激辛の5段階から無料で調節でき、甘口になるほどミルクとクリームが増えてまろやかに。本場の味を求めるなら、辛口以降がおすすめ。ミルクやタマゴの甘味を感じるもっちりとしたナンとの相性抜群だ。ディナーセットはグリル料理なども付きボリューム満点。

【写真を見る】「本格インド料理レストラン Sathi」の「ランチカレーセット」(750円~)(写真はチキンカレー)。本場の味に大満足!

「ランチカレーセット」(750円~)(写真はチキンカレー)。ポークカレーなど10種類から選べるカレーにナン、サラダが付く。ナンはお代わり自由だ。ドリンクは+50円でセットに。

[本格インド料理レストラン Sathi(サティ)]福岡市東区箱崎1-14-1 / 092-641-5311 / 11:00~23:00(LO22:30)、ランチは~15:00 / 月曜休み 

“やっぱりこの味”愛すべき濃厚ビーフ「カレーハウス INDIAN(インディアン)」

開業28年目のカレー専門店「カレーハウス INDIAN」。カレーメニューは、焼きカレーも合わせ15種類以上ある。自慢のルーは糖度の高い“いさはやタマネギ”と牛バラをしっかり炒め、オーブンでさらに火を入れ3日以上かけてうま味と甘味を凝縮。やや黒く粘度があり、ガツンと濃厚で深いコクが特徴だ。辛さは甘口・中辛・辛口より選べ、大盛りは+140円。目玉焼きや変わり種の餃子など具材のトッピング(200円~)も可能。

「カレーハウス INDIAN」の「チーズハンバーグカレー(サラダ付き)」(890円)。とろりとあふれ出すチーズ!

「チーズハンバーグカレー(サラダ付き)」(890円)。オーブンで焼く自家製のハンバーグは、炒めタマネギで甘味を出し、生タマネギで食感にひと工夫。大ぶりで、割るととろりとチーズが流れ出す。

[カレーハウス INDIAN(インディアン)]福岡市東区和白東2-26-45 / 092-606-1655 / 10:00~15:00、17:00〜22:00 / 水曜休み

本格スパイスが効いたロックなカレー「ナイスビームカリー」

一見、「こんなところに?」と思うだろうが、臆せず入店してほしい。「ナイスビームカリー」は音楽スタジオ併設のカフェ。バンドマンの夜食に提供していたカレーが評判で、平日のランチタイムのみ営業することに。母体が食材の卸会社のためスパイスは本格派。バンドマンで、調理師免許ももつ店長が、スパイスの原形を砕いてブレンドする。経験と勘で配合したオリジナルカレーは、カイエンペッパーの辛さが際立つパンチの効いた逸品だ。

「ナイスビームカリー」の「チキン&キノコのトマトカリー(ミニラッシー付)」(750円)。見た目も鮮やかで元気が出そうだ

「チキン&キノコのトマトカリー(ミニラッシー付)」(750円)。カイエンペッパーが効いた辛めのカレー。約20種類のスパイスをブレンドし、辛さのなかにトマトの酸味と甘味が残る。

[ナイスビームカリー]福岡市東区多の津1-5-2 3階 / 092-626-5900 / 11:00~14:30(LO14:00) / 土曜・日曜・祝日休み

カラダ喜ぶ! こだわり野菜たっぷりカレー「三日月食堂」

「筥崎とろろ」のオーナーが営むカレー専門店「三日月食堂」。小麦粉を使用せず、野菜だけを長時間かけて煮込んだベースに、オーダーを受けてからマサラを加える。このひと手間で、食べる直前に香りと風味がベストな状態に。セットのサラダは、提携農家から直送の季節野菜が15種類以上入った、驚くボリューム!野菜のうま味と栄養が詰まったヘルシーさもうれしい。

「三日月食堂」の「三日月サラダセット」(税抜1500円)(写真はチキンマサラカレー)。サラダをたっぷり食べよう

「三日月サラダセット」(1500円+税)(写真はチキンマサラカレー)。カレーはタマネギ、トマト、マサラ、ホウレン草の4種から選べる。山盛りの野菜サラダも自家製ドレッシングでペロリ。

[三日月食堂]福岡市東区蒲田3-1-3 / 092-410-8329 / 11:00~15:30(LO)、17:00~21:30(LO) / 不定休

【九州ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る