ブランド豚BBQ&日帰り温泉も楽しい釧路・阿寒のお手軽キャンプ場

2018年8月2日 20:00更新

北海道ウォーカー 中田 徹

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

釧路市阿寒町にある「阿寒丹頂の里 自然休養村野営場」。キャンプはもちろん、手軽に日帰りバーベキューも楽しめるスポット。炭火で地元産豚肉「阿寒ポーク」に舌鼓を打ったあとは、近隣の温泉施設で日帰り温泉を楽しむもよし、特別天然記念物「タンチョウ」を観察するもよし、と阿寒の魅力にどっぷりと浸れますよ。

屋内・屋外どちらでもBBQを満喫できる

全ての画像を見る(5件)

地元産豚肉「阿寒ポーク」とは?

阿寒ポークセット3人前(3900円)はボリュームたっぷり!

地元「阿寒」の名がつけられたこの豚肉。おいしさの秘密は、水。釧路湿原に隣接した農場には、堆積した腐葉土がもたらす、ミネラルたっぷりの水が湧いているため、その水を飲んだり、その水で育った飼葉を食べることで豚の生育にも影響を与え、素直でクセのない味わいを生み出すのです。また、広いスペースでのびのび育てられているのもポイント。豚にストレスを与えると鉄分が増え、肉が赤黒く、固くなってしまうそう。豚の品種は、ハイブリッド豚の中でもヘルシーな「ハイポー」で、脂のしつこさや肉のくさみがとても少なく、柔らかい肉質の品種となっています。

こうして育てられた豚肉は、網から滴り落ちるほどたっぷり脂がのっていますが、しつこさはなく、口の中でとろけてしまうほど。「阿寒ポークセット」(3人前・3900円)には、野菜もついてくるので、1セットあれば大満足のボリューム! 3人でも食べきれないかも、というくらいのセット内容なんですよ。

日帰りデイキャンプ&日帰り温泉でさっぱり

豚の脂がポタポタしたたる。豚肉の香りが食欲をそそる!

こういったセットメニューはラム肉セット、カルビセットなど種類も豊富で、事前予約で楽しめます。地元の食材などを販売する「阿寒マルシェ」で購入した食材を持ち込み、手ぶらBBQが可能なマルシェプランも人気です(炭・皿などのレンタル1500円)。また、自分で焼台などを持ち込み、気軽にデイキャンプもできるんです。利用は9時から17時まで、デイキャンプ料は750円。森に囲まれたキャンプ場で、自分のペースでゆっくり楽しみたい、という人にはデイキャンプがオススメ。

しっとりツルツル肌になると評判の温泉(シャンプー等は備え付け、バスタオル100円・フェイスタオル50円でレンタル可能)

キャンプ場から歩いてすぐの場所には「阿寒丹頂の里 赤いベレー」が。茶褐色の天然温泉にゆっくり浸かり、1日の疲れや、BBQで染み付いた炭・脂のニオイを落とすこともできます。こちらの温泉は、天然保湿成分であるメタケイ酸と炭酸水素イオンを含む保湿効果の高いお湯。湯上がりには保湿クリームがいらないほど、しっとりツルツルの肌に。

特別天然記念物タンチョウを間近で見られる施設も

このほか、特別天然記念物に指定されているタンチョウを自然に近い状態で観察することができる「阿寒国際ツルセンター グルス」もあります。

道東の冷涼な気候も、BBQの火があれば快適に過ごせます。キャンプ場そばの近隣施設も充実しているので、ぜひ朝から行って丸一日楽しんでください!

阿寒丹頂の里 自然休養村野営場■住所:釧路市阿寒町上阿寒23-34-1 ■電話:0154・ 66・ 3810 ■BBQ利用期間:2018年4/1~10/31 ■時間:日帰りBBQは9:00~16:00、デイキャンプは9:00~17:00、キャンプ場・バンガローはIN15:00~、OUT~10:00 ■休み:11~3月 ■料金:常設コンロ利用の場合1700円、ほか利用内容により異なる

阿寒丹頂の里 赤いベレー■住所:釧路市阿寒町上阿寒23-36-1 ■電話:0154・66・2330 ■時間:10:00~22:00 ■休み:なし ■料金:日帰り入浴大人500円、中学生400円、小学生130円

阿寒国際ツルセンター 本館【グルス】 ■住所:釧路市阿寒町上阿寒23-40 ■電話:0154・66・4011 ■時間:9:00~17:00 ■休み:なし ■料金:大人470円、小人(小・中学生)240円(本館・分館共通)※分館【タンチョウ観察センター】は11~3月のみ営業 ■時間:11~1月は8:30~16:00、2・3月は~16:30 ■休み:期間中なし(4~10月は休館) 【北海道ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る