タイム向上は何名? HTB 開局特番で北海道の子どもの体力向上に挑戦

2018年7月27日 7:00更新

北海道ウォーカー 有本和貴

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

文科省が毎年発表する子どもを対象とした全国体力テストで、最下位にランクすることもある北海道。そんな子どもたちの体力向上に取り組んだ番組が28日(土)、HTB(北海道テレビ放送)にてオンエアされる。

栗山町に集まった小学生20人。果たして最後に行われた測定の結果は…

全ての画像を見る(2件)

HTB開局50周年記念の一環として放送される番組のタイトルは「イチオシ!モーニングSP夢の授業~かけっことボクたちの約束~」。一般公募の300人の中から選ばれた道内の小学生20人が、栗山町で行われた一泊二日の合宿を通して50メートル走のタイム向上に取り組む。陸上、ダンスインストラクター、栄養士の3人のスペシャリストによるサポートのもと、子どもたちは目標を持ち、かつ挑戦し続けることの大切さを学んでいく。

番組に合わせてかけっこのポーズを取る、左から企画・演出の雲戸氏と戸島プロデューサー

番組の戸島プロデューサーは「元々夕方の情報番組『イチオシ!』の中で始めた企画で、番組イベントでもタイム測定企画をやったことがあり、今回の番組につながった」と、一連の子どもの体力向上企画が今回に特番につながったと説明し、同局の50周年事業にこの企画を提案した企画・演出の雲戸氏は「子どもたちにもわかりやすく、ということは何より大切にしたが、親御さんにも自分の子どもに重ね合わせるなど、二世代で見て欲しい」と、番組を通してタイム向上以外のことも感じ取って欲しいと語った。

ナレーションは5人の子どもを持つつるの剛士。「子どもたちが目標に向かって頑張り、子どもたち自身が成長を感じている姿に感動しました。そうやって日々いろいろな事を学んで大きくなっていくんだなぁと改めて痛感しました」と語る彼の、親目線のあたたかいナレーションにも注目だ。

番組は7/28(土)、午前10時48分よりオンエア。20人は果たして全員タイムを向上できるのか、お楽しみに。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る