大自然の中で極上の癒やし体験を!三重の絶景スパ銭

2018年8月7日 12:39更新

東海ウォーカー 丹羽由芽

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大自然の中で入浴できる三重のスパ銭を厳選してご紹介。青が綺麗な海を見ながら?それとも山のマイナスイオンを感じながら?大自然の中での入浴は、特別な時間になること間違いなし!

海を見はらす癒しの時間

【写真を見る】リゾート地ならではの景色を楽しめる、極上の癒し体験!

伊勢志摩国立公園内にある人気のリゾートホテル「ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩」(三重県志摩市)。施設内の「伊勢志摩温泉・ともやまの湯」は、日帰り入浴ができる。

注目は、抜群のロケーション!眼前に広がる英虞湾(あごわん)と空の青は、心奪われる絶景だ。自然美あふれる景色を楽しみながら入浴すれば、いつもの2倍も3倍も贅沢な時間を過ごせそう。

思い切り足を伸ばしても十分にくつろげる広さの半円型の露天。海から吹き抜ける風も心地いい

全ての画像を見る(4件)

【スパ銭データ】入銭料:中学生以上 1050円ほか/風呂数:全7 (男湯3、湯4)/泉質:ナトリウム・カルシウム・塩化物泉 /アメニティ:タオル、バスタオル(各レンタル250円)、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、基礎化粧品、ドライヤー、綿棒(各無料)など

緑を感じる露天風呂

櫛田川のせせらぎが聞こえる、自然豊かな露天風呂

「香肌峡温泉 いいたかの湯」(三重県松坂市)は、「道の駅 飯高駅」にある日帰り温泉施設。男女日替りの湯は、露天風呂など合計11種類、18の湯舟を堪能できる。特に露天風呂では、付近を流れる櫛田川のせせらぎと山の緑を体いっぱいに感じることができる。

また、併設の芝生公園には2018年7月21日(土)に新たに遊具や水遊び場が登場。遊具で遊んでたくさん汗をかいたら、温泉でさっぱりしよう!

2017年2月に浴槽を新しくしたマキ風呂。夏限定でひんやりミストシャワーも楽しめる

【スパ銭データ】入銭料:大人600円ほか/風呂数:全18(赤湯波の湯、局の湯各9)/泉質:含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉/アメニティ:タオル (レンタル無料、販売100円)、シャンプー、ボディソープ (各無料)など

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る