約半数が注文! 町中華・武蔵小杉「中華食堂 かどや」の名物トルコライスとは?

2018年8月7日 14:20更新

横浜ウォーカー 構成・取材・文/濱口真由美、撮影/吉澤久哉

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

まだまだ続く再開発が常に話題の武蔵小杉。高層ビル群が取り上げられることが多いが、実は老舗と呼ばれるような商店街の店も色濃く点在する。特に「町中華」となれば、長年営業している店は信頼できる。

今回は武蔵小杉の町中華の代表とも呼べる「中華食堂 かどや」に注目!

現在は、北口の裏手にある高層ビルの1Fにテナントとして入る (C)KADOKAWA 撮影=吉澤久哉

前述通り「中華食堂 かどや」は、武蔵小杉の商店街の中でも古い店だ。1948(昭和23)年に創業し、現在は3代目兄妹が母親と共に営む。老舗といえど、ビルは新しい。このギャップに驚く人も多いだろう。

もともとこの場所にあった店舗だが、武蔵小杉の駅前再開発により、移転を余儀なくされる。ほかの場所で数年営業したのち、同じ場所にできたビルに再度オープンしたという。再開発の土地ならではの、異色の話だ。受け継いだ部分は守りながらも、最新の技術や調理器具を取り入れ、3代目が腕を振るう。

キレイで新しい店内だが、使っているイスは前の店舗から使っている年代物だそう (C)KADOKAWA 撮影=吉澤久哉

さて、そんな店の名物は、トルコライス(950円)。関東ではあまり馴染みがないが、チキンライスとカツがワンプレートで盛り付けられたメニュー。トルコライスの本家・長崎県などでは、カツにはデミグラスソースなどがかかったり、さらにパスタがのっていたりと、ボリュームのあるイメージだ。そんなイメージとも変わらず、「中華食堂 かどや」のトルコライスも、また、ボリューム満点だ。

ボリューム満点のトルコライス(950円)。スープ、漬物付き
(C)KADOKAWA 撮影=吉澤久哉

全ての画像を見る(6件)

炒めて甘くしたタマネギが入った、なつかしいケチャップライスの間にはみ出す、サクサクのカツレツ。このサクサク具合にびっくりする。カツは意外にもあっさり軽やかで、いくらでもいけるのでは…?と思うほど。ケチャップライスの口当たりも程よく、ケチャップの酸味が食欲を掻き立てる。これはたまらない! このメニュー、長い店の歴史の中で、提供し始めてまだ30年。昔、先代が通っていた店のメニューをお手本にして、商品化したのだとか。

3代目店主の浅川英也さんが調理を担当。家族で店を切り盛り (C)KADOKAWA 撮影=吉澤久哉

強い火力で一気に仕上げるトルコライス。だが、カツを揚げたり、ケチャップライスを炒めたりと、ほかのメニューよりも少し手間や時間がかかる。だが、名物ゆえ常連客だけでなく、近隣には企業も多く、サラリーマンやトルコライス目当ての客が押し寄せる。トルコライスの注文が重なると提供に時間がかかり、サラリーマンの昼休みだと間に合わなくなってしまう。

そんな理由から、ランチ時など混雑している際は、トルコライスが注文できない時があるので注意したい。

セットのスープは、鶏がらと豚ゲンコツほかで、合計8時間以上煮出す。あっさりながらも滋味深い!

しかし、トルコライスだけではなく、親子丼(850円)やカツ丼(900円)のどんぶりものから、優しいスープのラーメン(680円)、餃子ライス(650円)といった定食や、おじや(780円〜)などまで、豊富に揃っている。ほかのメニューも味わってみたいところ。

【写真を見る】店頭のメニューサンプルも、昔ながらの雰囲気を醸し出す (C)KADOKAWA 撮影=吉澤久哉

昭和の町には、中華や洋食をアレンジした大衆食堂がよくあったという。そのころにはよく食べられたというメニュー、トルコライス。

今では希少な存在となっている。そんな昔ながらのスポットに注目しながら、町歩きするのも楽しそうだ。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る